女子アナ内定取り消し 日テレはどこで何を間違えたのか

視聴率3冠王 清濁併せのむエンタテイメントの発信企業
女子アナ内定取り消し 日テレはどこで何を間違えたのか 画像1
ミスキャンに選ばれた大学1年生当時の笹崎さん。このルックスだ、確実に人気アナになっただろうに……
「完全に人事局の失敗。担当者は彼女が訴えてくるとは思わなかったのでしょう。局内でも裁判には負けるんじゃないかという声が多いです。彼女は高い倍率を勝ち抜いたわけだから、アナウンサーとしての資質は十分ある。なのに、これから先入社できたとしても、上層部を気にしてプロデューサーは重用できない。彼女だけでなく局にとっても不幸な結末しか見えません」(日本テレビ中堅局員)
 注目の裁判はドロ沼化しそうだ。
 昨年9月に日テレから女子アナとしての内定を得ていたにもかかわらず、「銀座のクラブでホステスをしていたことを申告していなかった」という理由で、今年5月にそれを取り消された東洋英和女学院大4年の笹崎里菜さん(22)。彼女が地位確認を求めて起こした裁判は、11月14日に東京地裁で第1回口頭弁論が行われた。
 だが、その場に日テレ側は誰も現れず、答弁書のみを提出。公判はわずか5分で終わった。
 この前代未聞の裁判をTBSやテレビ朝日の情報番組は淡々と報じたが、フジテレビは違った。『めざましテレビ』『とくダネ!』『Mr.サンデー』といった看板番組がこの裁判を大々的に特集したのである。なかでも『とくダネ!』はミス東洋英和に輝いた笹崎さんの華麗な経歴を取り上げて、メイン司会の小倉智昭が、「アナウンサーになったらもっと光りますよ」と大絶賛したのである。
 フジテレビ局員が明かす。
「TBSやテレ朝は同業のよしみでほとんど触れていませんが、ウチの局は積極的に取り上げるというのが、上層部の方針です。今年上半期の視聴率3冠王を獲得したライバルのイメージをダウンさせる絶好の機会だと考えています」
 そして、この作戦はいまのところ大成功のようだ。
「フジが報じた影響でしょうね。視聴者センターには内定取り消し問題について抗議の電話やメールが殺到していると聞いています。日テレが『ホステス』を蔑視していると思われているので、とくに女性から反感を買っているんです。このまま裁判が長引くとスポンサー離れにもつながります。局は夏目の件から何も学んでいないんですよ」(前出・日テレ局員)
 夏目三久(30)は将来を期待された日テレの人気アナウンサーだったが、入社2年目にカレ氏の部屋のベッドの上でコンドームを持って微笑むプライベート写真が流出。レギュラー番組から次々外され、2年後の’11年に退社するまで出演番組は週に1本という冷遇を受けた。
 別の日テレ局員がこう明かす。
「夏目のときもアナウンス部の幹部は彼女を守るどころか、厳しく責めたんです。干される形で夏目は退職しましたが、その後、人気アナが育たなかった。今では局の看板番組『バンキシャ!』の司会をフリーとなった夏目がやっているんだから、おかしな話です」
 本来なら清濁併せのむべきエンタテイメントの発信企業、日テレはどこで何を間違えてピンチに陥ったのだろうか。
「笹崎さんの件も、読売新聞出身の上層部が入社に大反対したと聞いています。親会社を気にしてスキャンダルを過剰に恐れた結果が裏目に出た。彼女についてホステス以外のスキャンダルでもつかんでいるんでしょうか。そうでもなければ対応がお粗末すぎです」(同前)
 危機管理コンサルタント・田中辰巳氏はこう指摘する。
「日本テレビは内定の前段階で、お酒を出してお客さんを接待する風営法に該当する店でのアルバイト経験の有無について申告を受験者に義務づけるべきでした。これは職業差別ではありません。性風俗からクラブ、パチンコ店まで風俗営業のお店には暴力団との密接交際者が経営している店も多くあります。そこで働いていた場合は、そういう人たちと交友関係がある可能性があるので、企業が厳しくチェックすることは当然です。
 しかし、一度出した内定を取り消すことはより問題となります。企業としての一貫性が疑われますし、既存の社員の中にホステス経験者はいないのか、そういったお店に飲みに行く社員はいないのか、そういう議論に必ずなるからです」
 日本テレビOBで京都ノートルダム女子大客員教授の隈井孝雄氏は言う。
「報道を見るかぎり、問答無用に内定を取り消した印象が強い。たとえば、報道や制作の仕事はどうかと彼女に打診することもできたでしょう。そもそも母親の知り合いの店を手伝ったぐらいで『清廉性に欠ける』というのは違う気がします。アナウンサーは過去には男女ともにユニークな人が多かっただけに残念ですね」
 さまざまな社会経験を積んだ学生のほうが立派なアナウンサーになれる気がするが……。第2回口頭弁論は来年1月15日の予定だ。
女子アナ内定取り消し 日テレはどこで何を間違えたのか 画像2
読売新聞出身の日テレ・大久保好男社長は笹崎さんの内定取り消しまでの経緯を承知していたのだろうか
Photo:共同通信社
女子アナ内定取り消し 日テレはどこで何を間違えたのか 画像3
女子アナ内定取り消し問題は想定外の騒動となり、日テレのイメージダウンにまでつながってしまった
Photo:共同通信社
あなたにオススメ

FRIDAY ダイナマイト

8月9日発売
friday ダイナマイト