清原和博「焼き肉弁当」を届けに来た六本木の弟分の素性

更生支援チームは「夜の世界」に近い面々で
清原和博「焼き肉弁当」を届けに来た六本木の弟分の素性 画像1
差し入れのために、病院にやってきたA氏(奥)とB氏(手前)。報道陣の質問をさえぎり、数分で立ち去った
 3月20日の午後6時過ぎ、千葉・松戸の総合病院には40名近くの報道陣が詰めかけていた。3月17日に保釈された清原和博(48)が、入院している1泊5万4000円の「特別室」から姿をのぞかせるのではないかと、部屋の窓にカメラを向けていたのだ。すると、病院の駐車場に2人の男が乗った黒い乗用車が入ってきた。男たちは「清原さんに近い関係者から『報道陣のみなさんへ』と頼まれた」と言って、温かい30人前の焼き肉弁当を報道陣に差し入れたのだ。「なぜ差し入れをするのか」と問う報道陣に対し、助手席に乗った赤色のアウターを着た色黒の男性は、
「みなさん、寒いので温かいうちに食べてください」
 と言い残して、走り去っていった。車のナンバーは「5」。清原の巨人、オリックス時代の背番号だ。翌日、清原が極秘に退院したという情報が流れたことから「清原からの別れのあいさつだったのでは」、あるいは「清原の名を騙(かた)ったイタズラか」などと憶測が流れた。そんななか、本誌は重要な証言を入手した。
焼き肉弁当差し入れの思惑
「黒い車の助手席に座っていた男性は、清原の"弟分"と呼ばれているA氏です。年は40代前半。清原とのつき合いは長く、清原の逮捕前には彼の運転手を務めていた時期もある。清原がテレビ番組に出演するときには、頻繁にテレビ局に同行していました」(A氏の知人)
 A氏は六本木でサパークラブ「N」を経営している。A氏は六本木をはじめとする東京の夜の街で顔が広いと評判で、とくに「K」なる地下格闘技団体との関係が深い。Kは’08年頃にスタート、新宿や渋谷のクラブなどを会場にして格闘技イベントを開催している。出場するのは、元格闘家もいるが、ホストや不良、暴力団関係者などのケンカ屋が大半だ。
「Kのイベントには暴力団関係者も多く観戦にやってきます。とくに住吉会系の三次団体との関係が深いようです。関東連合の人間が関わっていた時期もあったようで、私の知人も関東連合の人間から『出場してみないか』と誘われていました。Aさんは選手ではありませんが、Kの代表者と昵懇(じっこん)の間柄だと聞いています。裏方のような立場でKに関わっているようです」(Kの関係者)
 そんなA氏が、なぜ報道陣に焼き肉弁当を差し入れしたのか。
「保釈後、清原を支援しているのは、A氏とその周辺の友人たちなんです。差し入れのときに車を運転していたのは、A氏の知人で、都内で焼き肉店を数店舗経営しているB氏。差し入れが清原本人の意思だったかどうかはわかりませんが、『少しでもメディアを懐柔できれば』という腹づもりだったのかもしれません」(前出・知人)
 清原には今後、地獄のシャブ抜き生活が待っている。更生は、サポートする周囲の人間がもっとも大事だと言われるが、その人選で大丈夫なのか、清原よ。
清原和博「焼き肉弁当」を届けに来た六本木の弟分の素性 画像2
差し入れられた焼き肉弁当。B氏の店で販売しているモノで、通常は1800円。厚切りの肉が6枚、つけ合わせにキムチとナムルが入っていた
PHOTO:蓮尾真司
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集