同時多発テロ「日本人は逃げ切れるのか」

警戒中のベルギー・ブリュッセルで
30人以上が犠牲に
同時多発テロ「日本人は逃げ切れるのか」 画像1
ブリュッセル空港は封鎖され、フライトはすべてキャンセルに。爆風で窓ガラスも割れた
「アラビア語の短い叫び声が聞こえたと思ったら、あたりは突然爆発音に包まれた。その後、2分くらいしてさらに大きな爆発がありました。我に返ると周囲にたくさんの人が倒れていて、頭や腕などから血を流している人も多く、中には手足の一部を吹き飛ばされた人もいました」
 ベルギー・ブリュッセルの空港で、テロに遭遇した空港職員の男性は、現地メディアにこう語った。
 3月22日の朝8時頃、ブリュッセル国際空港で起こった自爆テロにより、14人が亡くなった。その1時間後、空港から約12㎞離れた地下鉄のマルベーク駅でも爆発があり、20人の命が奪われた。このテロでは、日本人も2人が被害にあい、重軽傷を負っている。
 同日夜には、IS(イスラム国)と関係の深い「アマーク通信」がISの犯行と伝え、事実上の犯行声明となった。
「今回の爆破テロの4日前には、昨年11月のパリ同時多発テロの実行犯の一人サラ・アブデスラムがベルギー国内で拘束されています。彼は、取り調べの際、次のテロの可能性も示唆しており、それを裏付けるように、20日には、アジトから大量の武器や起爆装置も見つかっていました。警戒レベルが高まっていた中、発生したテロだけに、ベルギー・フランス両首脳は頭を抱えています」(大手通信社外信担当記者)
 特に警備が厳しい空港で起きたこともダメージが大きい。今回のテロ発生後、ベルギー政府は警戒レベルを最高度に引き上げたが、「物理的に警備には限界があり、実際に、どれほどの効果が見込めるかわからない」というのが現実のようだ。
 日本でもテロ事件が勃発する危険性が高まっている。パリ同時多発テロ発生時に、フランスのオランド大統領が、「シリアで計画し、ベルギーで組織し、フランスで実行した」と発言していた。これはISの戦闘員が実際にテロ行為を行うのではなく、過激思想に影響された普通の若者たちが独自の判断で〝凶行〟に及んでいる現状を示唆している。
 日本にISの活動家が入国しテロを起こすのを事前に察知し、水際で防御することは可能かも知れないが、イスラム過激思想に感化された日本人が国内でテロ行為に及ぶような事態になれば、これを防ぐのはかなり難しい。
「ベルギーと違い、爆発物や銃器の入手が難しい日本で、組織的なテロを行うのは不可能に近い。しかし、個人レベルでの犯行になると話は別です。シリアやイラクなど特別な指導を受けなくても、イスラム国の過激思想に感化され、日本国内で自発的にテロリズムに目覚める若者はすでにいると思われます。秋葉原の通り魔事件のようなもので、突如発生したら防ぐ手立てはありません」(国際政治アナリスト・菅原出氏)
 5月末には、伊勢志摩サミットが開催される。世界の首脳が集まる大イベントはテロリストにとっても絶好のターゲット。日本でテロが起きる可能性は確実に高まるだろう。
同時多発テロ「日本人は逃げ切れるのか」 画像2
出発ロビーにあるアメリカン航空のカウンター近くで爆発が
同時多発テロ「日本人は逃げ切れるのか」 画像3
ロビーで倒れ、動けなくなった男性。爆弾には釘が仕込まれていたという情報も
同時多発テロ「日本人は逃げ切れるのか」 画像4
2度目の爆発は、空港内のスターバックス近くで発生。火の手もあがった
同時多発テロ「日本人は逃げ切れるのか」 画像5
空港ロビーで怪我を負い座り込む女性たち。多くの客がパニック状態に
同時多発テロ「日本人は逃げ切れるのか」 画像6
マルベーク駅を出発する際、3両編成の2両目で爆発が起きた
同時多発テロ「日本人は逃げ切れるのか」 画像7
頭や腕から血を流しながら地下鉄駅周辺を歩く人々
PHOTO:ロイター/アフロ(1枚目)
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold