シリーズ 「セレブのお宅」拝見!11 シュワルツェネッガー(68)の「4400坪巨大な屋敷」

「オレはトランプを支持しない」
シリーズ 「セレブのお宅」拝見!11 シュワルツェネッガー(68)の「4400坪巨大な屋敷」 画像1
サンタモニカ山脈の麓に建つこの邸宅には、7つのベッドルームに10のバスルームが備えつけられている
「ホワイトハウスに必要なのは、トランプじゃない。(共和党候補指名を争う)ジョン・ケーシックだ!」
 3月6日、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー(68)は、米大統領選で快進撃を続けるドナルド・トランプ(69)にキッパリと〝NO〟を突きつけた。カリフォルニア州知事も務めた彼の言葉だけに、このトランプ批判は注目を集めた。
 そんなシュワちゃんの自宅は、ロサンゼルスの高級住宅街ブレントウッドにある。
「’02年に20億円以上をはたいて手に入れた屋敷は、実に4400坪にも及びます。広大な土地にはテニスコートやプールがついている。環境問題に関心を抱いてきた彼らしく、太陽光パネルも設置されています」(米国紙記者)
 シュワちゃんはここで妻のマリア・シュライバーと暮らしてきたが、’11年に家政婦との間に隠し子がいたことが発覚。別居を余儀なくされている。
「騒動が起きた後も、彼は離婚届へのサインをかたくなに拒み、マリアに復縁のラブコールを送りつづけている。妻ともとサヤに戻ることを強く望んでいるようです」(同前)
 身からでたサビとはいえ、70歳を手前に寂しい日々を送るシュワちゃん。もとの幸せに「アイル・ビー・バック」できる日は来るのだろうか。
シリーズ 「セレブのお宅」拝見!11 シュワルツェネッガー(68)の「4400坪巨大な屋敷」 画像2
PHOTO:Splash/アフロ REX FEATURES/アフロ
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集