来日 ディカプリオ 「六本木で炉端焼き」の夜

日本酒に銀杏!(って、シブイねぇ)
来日 ディカプリオ 「六本木で炉端焼き」の夜 画像1
ディカプリオが店を出ると、ファン十数人が取り囲み、ちょっとした騒ぎに。表情から、リラックスした雰囲気が伝わってくる
「ギンナン(銀杏)!」
 レオナルド・ディカプリオ(41)は店に入るなり、満面の笑みでこう注文した。
 3月23日、念願のオスカーを獲得した主演映画『レヴェナント:蘇(よみが)えりし者』のジャパンプレミアのため、六本木ヒルズに姿をあらわしたディカプリオ。イベント終了後の午後9時ごろ、スタッフらとともに向かったのは、六本木交差点近くの日本料理店だった。新鮮な魚介や肉を炉端焼きで提供してくれる高級店で、海外のセレブにも人気が高い。
「20名ほどの関係者が集まり、貸し切り状態でした。ディカプリオさんは2度目のご来店です。魚も肉もお好きで、日本酒も召し上がっていました。料理をお持ちするとき、当店は大きな声でお客様にメニュー名をお伝えするのですが、その様子をマネなさったり、友人のように話しかけてくださったり、とても気さくでお茶目な方でしたね」(接客した店員)
 お開きになったのは午後11時。SPに守られ、上機嫌で車に乗り込んだ(写真)。プライベートを含むと15度目の来日となるディカプリオだが、今回の滞在中には麻布界隈のクラブや新宿御苑、六義園(りくぎえん)などにも足を運んだという。すっかり日本ツウのようだ。
PHOTO:結束武郎
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold