バドミントン 桃田賢斗(暴)を激怒させた「破廉恥キス写真」

闇カジノ通い発覚のきっかけはコレだった!
バドミントン 桃田賢斗(暴)を激怒させた「破廉恥キス写真」 画像1
 Tバックをはいた尻を丸出しにしたロングヘア美女。男は彼女にスリ寄られながら、ゴキゲンで熱唱する(1枚目写真)。2人とも泥酔しているようだ。と、男は瓶ビール片手に美女とアツく唇を重ね(2枚目)、ブラウスの胸もとから谷間をのぞかせた美女を抱きしめて、その首筋に顔を埋めた――(3枚目)。
 これらの写真は’14年末ごろ、東京・錦糸町のカラオケスナックで撮られたという。写っている男は日本バドミントン界のエース、桃田賢斗(21)。美女はこのスナックのママ、Aさん(20代)だ。
 桃田は、元バドミントン日本王者であり、あこがれの先輩でもあった田児(たご)賢一(26)とともに錦糸町の雑居ビル9階にあった非合法な闇カジノ店に出入りし、バカラに興じていた。
 それが明るみに出て記者会見を開いたのが4月8日。桃田は金色だった髪を黒く染め、神妙な顔で、’14年10月から翌年1月までに6回闇カジノに行き、約50万円負けたと語った。一方、桃田を闇カジノの世界に引き込んだという田児は、
「すべて自分に責任があります」
 と、涙ながらに桃田をかばった。2人が所属するNTT東日本は桃田を30日間の出勤停止とし、日本バドミントン協会は無期限の競技会出場停止を課した。いずれも田児に比べるとかなり軽い処分だ。
 だが、桃田は本当に「引き込まれた」だけなのか。本誌が錦糸町界隈を取材すると、そうとは思えない証言が次々に出てくるのだ。問題となった闇カジノは昨年4月、警視庁の摘発を受け閉店している。その元常連客が語る。
「桃田があの会員制カジノに6回しか行っていないとは思えない。彼は田児とだけではなく、年上らしい女やキャバクラ嬢数人を引き連れては何度も遊びにきていた。振る舞いはどう見ても超常連客で、とても目立っていた。このカジノの面倒を見ていた地元の暴力団の組長Xさんも毎日のように出入りしていたから、当然、桃田とは顔見知りだったと思う。なにせ闇カジノだから、Xさん以外にも、何人ものヤクザが常に出入りしていたよ」
 桃田は前述の会見で、
「(闇カジノには)反社会的勢力の人たちはいなかったように感じていた」
 と語ったが、額面通りに受け取れない。
組長お気に入りママと
 現在、世界ランキング2位の彼は、これまで約2700万円の賞金を手にしている。若くして大金を得たためか、遊び方は相当ハデだった。錦糸町のキャバクラ店員はこう証言するのだ。
「今年2月に、桃ちゃんがウチの店に遊びにきたんです。バドミントン関係の先輩たちと一緒でした。桃ちゃんはイケメンだからモテモテでしたよ。焼酎のボトルを何本も空けながら山手線ゲームをして、メッチャ盛り上がった。同席していた先輩に、『コイツ、東京ドームの巨人の開幕戦(3月25日)で始球式するんだよ』なんておだてられて、桃ちゃんは終始、上機嫌で飲んでいました」
 そしてこんな遊び方が、冒頭の破廉恥な写真を撮られる事態を招き、闇カジノ通い発覚のきっかけとなった。錦糸町を縄張りとする暴力団の関係者が言う。
「写真の美女、Aママには、(前出の)X組長が相当目をかけているんだ。桃田は闇カジノにハマりながら、同時にAママにも相当入れ込んでいて、彼女の店に毎日のように通っていた。酔った勢いで乱チキ騒ぎを繰り返していたから、こんな写真も撮られてしまった。今年に入り、一連の写真をX組長が目にした。組長は桃田に対し、『なんてことをするんだ』と激怒していたといいます」
 写真はスナックの関係者を通じてマスコミに流出、NTT東日本に取材が入り、同社の調査で闇カジノ通いが発覚したというわけだ。
「写っているのは桃田で間違いありません。写真の存在は、8日の会見の前に把握はしていました。ただ、その時点で写真と闇カジノ通いに関連性が確認できなかったので、公表は控えました」(NTT東日本広報部担当者)
 4月11日、同社は、桃田が換金レートの高い闇スロット店にも出入りしていたと発表した。明らかに(暴)のニオイのする場所に自ら入り浸り、散財する。世間の感覚からは相当にズレているのだ。
バドミントン 桃田賢斗(暴)を激怒させた「破廉恥キス写真」 画像2
桃田はスナックママAさんとイチャつきながら、大好きなバンド「オレンジレンジ」の曲を熱唱していた
バドミントン 桃田賢斗(暴)を激怒させた「破廉恥キス写真」 画像3
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集