「コンビニの父」鈴木敏文 セブン&アイ会長「電撃引退の深層」

30歳でイトーヨーカ堂に転職、
45歳でセブン-イレブン・ジャパン社長
「コンビニの父」鈴木敏文 セブン&アイ会長「電撃引退の深層」 画像1
引退を発表した鈴木氏は笑みを浮かべて会見場を去った。5月下旬の株主総会までにすべての役職から下りる予定
「このままの体制を続けていては将来に禍根を残すと思った」
 日本のコンビニの父、流通の神様と呼ばれたセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(83)が、4月7日に突如記者会見を開き、40年に及ぶ経営者人生からの引退を表明した。
「本人はサバサバしていると思います。後継には口を出さないと明言したので、残された役員が大変でしょう。誰がCEOになろうと鈴木さんだったらどうしたか、と常に考えながら当面はやっていくことになるでしょうね」(鈴木氏を十数回取材しているジャーナリストの勝見明氏)
 それだけ鈴木氏頼みだったのだ。
 鈴木氏は中央大学を卒業後、東京出版販売(現・トーハン)に入社。29歳のときに広報誌の編集担当になると、無料配布を有料に変えつつ誌面を刷新して、1年で5000部だった部数を13万部にした。
 30歳でイトーヨーカ堂に誘われて転職。コンビニ事業を立ち上げて、45歳で自ら子会社のセブン-イレブン・ジャパン社長に就任。世界一のコンビニに育てた。
「販売時点情報管理システム(POS)を初めてコンビニに導入したのが、鈴木氏。さらにセブン銀行を立ち上げて店内にATMを設置することで、コンビニの利便性を高めて客足を一気に伸ばした。『保存料・合成着色料』を使用しないプライベートブランドの商品開発を押し進めたのも鈴木氏です」(全国紙経済部記者)
 鈴木氏は妥協を許さない経営者だった。
「PB商品に『金の麺』という商品があります。基本的に新商品は、鈴木さんが試食してOKが出ないと発売にならない。しかし、『金の麺』は試食が発売前日になってしまい、しかも鈴木さんは満足できなかった。翌日の発売は中止となり、全国の店舗から商品を回収。その損失は6000万円でした。鈴木さんの発想は、すべてを顧客の立場で考えるというものなんです。社員に安く売るという話もありましたが、鈴木さんの『満足できない商品を社員に食わせるのか!』のひと言で、すべて廃棄になった」(勝見氏)
 鈴木氏は休日になると、自宅近くのセブン-イレブンに行き、弁当を買って味をチェックすることもあるという。
「ある時、鈴木さんはチャーハンを食べて美味しくなかったので、担当者に売り上げを聞くと、ヒット商品だという。それでも『こんなものを出していたら、信用を失う』と店舗から撤去させ、製造設備から見直させた。次にチャーハンが店頭に登場したのは1年半後でした」(同前)
次男の役員昇格に批判が
「鉄の胃袋」と言われ、おにぎりからお菓子まで店頭に並ぶすべての商品を試食してきたという鈴木氏。だが、昨年12月には体調を崩して入院、集中治療室で治療を受けている。結果的に症状は軽く済んだが、鈴木氏は経営者としての「残り時間」を考えたのだろう。
「自らが立ち上げたセブン-イレブンを息子に任せたいという想いが強くなったのでしょう。鈴木会長の長男は消化器外科医ですが、次男の康弘氏(51)は武蔵工業大学を卒業後、富士通、ソフトバンクを経て、セブンネットショッピングの社長に就任しています。さらに、同社が赤字続きだったにもかかわらず、康弘氏は’14年3月にセブン&アイ・ネットメディア社長になると同時にセブン&アイの執行役員、’15年5月には取締役に昇格します。この異例のスピード出世を見れば、康弘氏を後継にしたいと考えていたのは明らかです」(セブン&アイ関係者)
 昨年12月にはこんな騒動が起きていた。
「幹部社員の女性問題を告発する写真と怪文書が、全取締役に送付されたんです。この幹部は降格になり、鈴木氏が人事を見直すきっかけになった」(前出・記者)
 その後、鈴木氏は次々と幹部人事に着手。戸井和久イトーヨーカ堂社長(61)を退任させ、側近の亀井淳氏(71)を社長に復帰させる。亀井氏は鈴木氏のゴルフ友だちと言われた。3月には58歳の井阪隆一セブン-イレブン社長を交代させ、やはり側近の古屋一樹氏(66)を昇格させる人事を提案。いずれも将来の康弘氏の処遇をにらんでの〝布石〟と周囲の目には映った。
 だが、5期連続で過去最高益を達成した井阪氏の交代は、指名・報酬委員会で社外取締役の理解が得られず、創業家の伊藤雅俊名誉会長(91)からも承認されず、鈴木氏は経営者人生に幕を引いた。幹部のスキャンダルを暴いたのは誰なのか、長年の盟友・伊藤名誉会長はなぜ今回、鈴木氏とたもとを分かったのか――突然の辞任劇には、まだいくつもの深層が未解明のまま残されている。
 セブン&アイは4月19日、取締役会を開き、新体制について決める方針だ。
「コンビニの父」鈴木敏文 セブン&アイ会長「電撃引退の深層」 画像2
3月17日、セブン&アイHDの入社式に出席した伊藤名誉会長
PHOTO:堀田 喬(2枚目)
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集