バナナマン 日村勇紀が激白した神田愛花アナとの結婚

本誌直撃に「よくオレを好きになってくれたよね」
バナナマン 日村勇紀が激白した神田愛花アナとの結婚 画像1
正面玄関から堂々と出かける二人。彼女が「売名」と叩かれたとき、日村は「この仕事をしている人間は名前が出た時点で売名になる。気にしちゃダメだよ」とフォローしたという
――彼女はどんな存在ですか?
 ラジオのナマ放送が迫っており、時間はなかったはずだ。しかし、『バナナマン』日村勇紀(43)は「お~、そうですねぇ」と言った後、一呼吸おいて、夜空を見上げながらこう答えた。
「よく、オレを好きになってくれたよね。ありがたい気持ちしかないです。しっかりした子ですし、マジメですし、美人なのに、どうしてオレでいいのかなって思いながらね……」
 約1年前、本誌は日村と彼女――元NHKの神田愛花(あいか)アナ(35)の通い愛をスクープした(’15年5月1日号)。
 自他ともに認めるクリーチャー(化け物)系芸人とNHKアナのリアル「美女と野獣」カップルは大いに話題となった。
 相方の設楽統(したらおさむ)も「日村さんとつき合うってことはさ、要はモンスターとつき合うっていうことじゃん? よくぞ!」と称賛したほどである。ところが"救世主"であるハズの神田アナは叩かれた。
 クイズ番組で出会った後、彼女のほうからアプローチしたことや、日村とのデートで食べたものを神田アナが次々とSNSでアップしたことで「売名だろう」とバッシングされたのだ。
 一部女性誌によれば、神田アナの母親は結婚相手の条件として「高学歴、生まれながらの金持ちで、見た目は速水もこみち」を挙げており、日村との交際に猛反対。対する日村側も「こちらから願い下げ!」と対立しているという。
 だがしかし――本誌が見た限り、芸人仲間のバースデーパーティに神田アナを同席させるなど、二人の交際は順調そのもの。写真は4月中旬のある夜、自宅マンションから出かける日村と彼女だ。
 ドアがババ~ンと開き、姿を現した二人。「新郎新婦の入場です!」なんてナレーションが聞こえてきそうだ。
 交際1年の節目に、日村を直撃した。
――つき合って1年になりますが、その後、進展はありましたか?
「あー、もちろん別れていませんが」
――結婚の了承が得られないとか?
「そういう話はホント、していないんですよ」
――結婚の条件が厳しいとか?
「向こうのご両親が怒っているとか、ウチの両親がそれに反発しているとか、前にそんな記事が出ましたけど、まったく違いますから。条件なんてない……というか、結婚の話自体、してませんから」
――5月にお二人は誕生日を迎えますが、バースデー婚なんてどうですか?
「ないですよ(笑)」
――結婚する意思もない?
「ボクもいいトシなんで、そうなればいいなぁとは思ってます」
 その後、神田アナとはどういう存在なのか問うた本誌へ、日村は冒頭のように答えたのであった。
 昨夏、日村は神田アナとのハワイ"婚前旅行"に両親も連れていっている。「美女と野獣」カップルのゴールインに必要なのは、日村の"勇気"だけだろう。
PHOTO:山田宏次郎
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集