プロ野球 助っ人たちの仰天ファイル

「巨チンの主砲ギャレットに同僚ビックリ」ほか
プロ野球 助っ人たちの仰天ファイル 画像1
ギャレット(巨人)
開幕から4番に座りつづけるが成績は下降線。打率は2割1分代前半で、得点圏は1割台と苦しむ
 40試合ほどを消化し、序盤戦を終えた今季のプロ野球。チームの明暗を決めるのは助っ人だ。グラウンドではわからない、彼らの仰天エピソードを紹介する。
日本人選手が目をむく破格の巨大さ
「ジーザス! な、なんてデカさなんだ」
 東京ドームのシャワールームで、巨人のルイス・クルーズ(32)が驚愕の声をあげた。同僚のギャレット・ジョーンズ(34)のイチモツが、破格の大きさだったからだ。スポーツ紙巨人担当記者が語る。
「普段のギャレットは、礼儀正しく謙虚な紳士です。高橋由伸監督(41)にも『オツカレサマデース』と、日本式にお辞儀をして挨拶しています。しかしハダカになると急にビッグになる。自分のモノに相当自信があるのでしょう。シャワーを浴びたあとも、タオルで前を隠すことなくノッシノッシとロッカールームを歩きまわるんです。その迫力に圧倒され、日本人選手たちはポカンと口をあけて彼の揺れる巨砲を遠巻きに見るばかり。〝大物〟ぶりはヤンキース時代から有名で、当時の主将デレク・ジーターが『どうやったらそこまでデカくなれるんだ?』と真顔で質問していたほどです」
 平常時で長さ20cmという主砲が、今季の巨人打線のカギをにぎる。
紙袋をバットで叩きわり
 巨人投手陣の軸になるべきマイルズ・マイコラス(27)は、右肩痛のため二軍で調整中だ。彼も男性器にまつわる発言が多い。報道陣にはこんな暴言も。
「ボクはタバコが嫌い。タバコを吸うヤツはペニスの小さいヤローだ!」
 マイコラスは嫌煙家だ。昨季までロッカールーム近くにあった甲子園のビジター用の喫煙所も移動させている。
「美人妻のローレンさんとの仲のよさが注目され好感度の高いマイコラスですが、チーム内ではかなり浮いています。ワガママで、突拍子のない言動が目立つんです。二軍のジャイアンツ球場では、空気を入れて膨らませた紙袋をいくつもバットで叩きわり、大きな音をたて周囲を驚かせている。報道陣に何を聞かれても「YES」「NO」ぐらいしか答えず、いつも不機嫌そうなんです。ケガで思うように投げられず不満がたまっているのかもしれませんが、選手たちは『意味がわからない』と困惑ぎみです」(巨人番記者)
 復帰のメドがたっていないマイコラスのストレスは大きくなる一方。奇妙な言動は、ますます増えそうだ。
パンツ一丁で早朝5時に部屋で絶叫!
 阪神の守護神マルコス・マテオ(32)も、奇行では負けていない。遠征先のホテルでのことだ。早朝5時、マテオの部屋から怪しげな音が響いてきた。驚いた球団職員が部屋に入ると、パンツ一丁のマテオが顔を真っ赤にして叫んでいる。
「ラ〜! ラ〜〜!! ラ〜〜〜!!!」
 職員が「お、おい。朝っぱらから何をしているんだ?」と聞くと平然と答えた。
「昔からやっている朝の儀式さ。ボクなりの腹式呼吸法で、裸で叫んでいると体のバランスを整えられるんだよ」
 ア然とする職員を尻目に、マテオの絶叫はそれから5分以上続いた。
「ヒゲもじゃの外見と違い、マテオはキッチリした性格をしている。ルーティンをけっして崩さないんです。彼の好物はアボカド。メジャーにいたときから試合前には必ず食べていたため、球団に『球場に置いてくれ』と要請し、今季から甲子園のクラブハウスにはアボカドが用意されるようになりました。カブス時代から親交のある藤川球児(35)にも『体にイイぞ』と勧め、試合前に2人で食べていますよ」(球団関係者)
月2〜3回のディズニー通いで好調維持
 ソフトバンクからロッテに移籍したジェイソン・スタンリッジ(37)が、2勝2敗ながら防御率2.08と好調を維持している(5月9日現在)。
「スタンはディズニーオタクです。アメリカに帰国したさいは必ずアナハイムにあるディズニーランドに立ち寄り、アトラクションの名前や場所もすべて覚えているほど。その影響で7歳の長男キャッシュ君も、大のディズニー好きなんです」(スポーツ紙ロッテ番記者)
 ロッテの本拠地・幕張と東京ディズニーランドのある浦安は同じ千葉県内で近い。本人は好調の理由をこう語っている。
「月に2〜3回はディズニーランドに通っているからさ。妻も息子も大喜び。家族の笑顔に支えられているんだ」
 スタンにとって千葉は天国のようだ。
食生活改善でゲリの悩みを一掃!
「アイツ、また便所かよ」
 ヤクルトのウラディミール・バレンティン(31)は、昨季まで試合中に何度もトイレに行くためチームメイトから陰口をたたかれていた。原因はプレッシャー。神経の細かいバレンティンは、重圧のかかる場面が近づくと腹の具合が悪くなり激しいゲリに悩まされていたのだ。
「理由は食生活にもあります。ココ(バレンティンの愛称)は、ジャンクフードが大好き。ヒマさえあればポテトチップを食べていたんです。それが今季から夫人のアドバイスでジャンクフードをいっさいやめ、朝は必ず果物を食べるようになった。契約最終年で、『結果を出さなければあとがない』と気を引き締めたのもよかったのでしょう。今季はココのトイレ通いがなくなりました」(球団関係者)
 おかげで今季のバレンティンは体重が6〜7kg減り、動きが機敏になっている。
プロ野球 助っ人たちの仰天ファイル 画像2
マイコラス(巨人)
周囲の目を気にせず美人妻のローレンさんと抱擁。複数の球団と接触し、将来はメジャー再挑戦の噂も
プロ野球 助っ人たちの仰天ファイル 画像3
マテオ(阪神)
球団職員とジャレ合うドミニカン。メジャーではカブス、パドレスに所属し、通算70試合で2勝4敗0セーブの成績
プロ野球 助っ人たちの仰天ファイル 画像4
スタンリッジ(ロッテ)
ソフトバンク、阪神、ロッテと渡り歩き、今季で日本9年目。日本では通算65勝57敗で、3度の2ケタ勝利をあげる
プロ野球 助っ人たちの仰天ファイル 画像5
バレンティン(ヤクルト)
出身のオランダ領キュラソー島のイグアナが大好物。日本では食感の似たフライドチキンを好んで食べる
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集