滝沢乃南「超エロいDVDの真実」を撮影した夫が全告白!

なぜ自分も全裸に?
手コキしてもらったのか?
渦中のダンナが編集部にやってきた
滝沢乃南「超エロいDVDの真実」を撮影した夫が全告白! 画像1
’08年3月21日号の本誌に登場した滝沢はお嬢様系の顔立ちとウラハラな爆乳で話題をさらった。撮影・今村敏彦
〈気持ちイイねぇ。あったか〜い〉
 湯船に浸(つ)かり、甘えた声を出す美女。バスト95㎝、Iカップの豊満ボディで人気を博したグラビアアイドル、滝沢乃南(たきざわのなみ)(30)だ。いま、彼女が出演したイメージDVDに、全裸でカメラを回す男が映っていると大騒ぎになっている。
 問題のDVDは、昨年12月に映像制作会社『ギルド』からリリースされた『ありがとね』。’11年に芸能活動を引退していた滝沢が4年ぶりに復活するという触れ込みで発売された話題作だ。
「この作品は、滝沢が恋人と旅行に出かけるという設定。男目線で撮られた映像のなかには、セックスを連想させるキワどいシーンが出てきます。彼女が出した映像作品のなかでも、ズバ抜けて過激な内容になっている」(業界関係者)
 DVDを確認すると、映像の端々からカメラマンとのただならぬ雰囲気が伝わってくる。後半の入浴場面では、滝沢がカメラマンに向かって、
〈ゴシゴシゴシゴシ。気持ちいい?〉
 と、手コキをするような仕草までしているのだ。そのシーンに、わずかに映るアヤシイ影。それに気づいたファンが映像を継ぎ足していったところ……冒頭のように裸の男性だと判明したのだ。
 これではカメラマンとの関係が疑われて当たり前だが、それもそのはず。実はこの男、滝沢の夫だったのだ。彼の名は、上村知之氏(35)。現在『ギルド』代表を務める、ヤリ手の映像ディレクターだ。疑惑が持ち上がった直後の7月1日、滝沢はブログでこう〝白状〟している。
〈私は、2011年に一度芸能界から引退し、その後入籍を致しました。(入籍した)相手が今回カメラマンをしていただいた方です〉
 密(ひそ)かに結婚をしながらそれをひた隠し、夫に映像を撮らせて売り出す。ファンからすればとんだ茶番としか言いようがないが、『ギルド』はDVDの回収を決定、滝沢はブログで引退を宣言した。
 騒動の余波が広まる中、上村氏がフライデー編集部でコトの真相を語った。
――滝沢さんとの結婚は事実でしょうか。
「はい。あの映像を撮ったのも私です。彼女とは’09年に知り合い、私からアプローチしました。籍を入れたのは’12年7月。滝沢は30歳の節目に集大成として映像を残したいという強い思いを持っていて、私もずっと相談を受けていた。彼女の決意は固かったし、撮るならば夫の自分が、という思いがありました」
――入浴シーンでは、なぜ上村さんまで全裸になったのですか。
「あのカットは、当初のシナリオにはなかった。メイクさんが帰って滝沢と二人きりになったとき、急きょ撮影することになったんです。普段ならばあり得ないのですが、あの時、私は完全にプライベートの感覚になってしまった。夫婦だから、という緩みもありました。撮影後の編集作業は私だけでやりました。だからあんなミスが起きてしまった。いずれは商品になるのに、妻の水着を誰にも見られたくないという私のエゴがあったんです」
――あの場面では、本当に手コキをされているという疑惑もありますが。
「それは絶対にないです。たしかに臨場感を出すため私のカラダに触れる瞬間はありましたが、局部ではありません。本当に(手コキを)されていたら、映像がブレてしまって使いものになりません」
――率直に、いま何を思いますか。
「私たちの軽率な行動で多くの方の信頼を失ってしまった。本当に申し訳なく思っています。滝沢もファンを裏切ってしまったと反省し、塞(ふさ)ぎ込んでいます」
 夫婦だから撮れた濃密描写だったが、その代償は予想以上に大きかったようだ。
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold