オバマ夫人&娘を襲った「エッチでイタズラな風」

スペインに降り立った瞬間…
オバマ夫人&娘を襲った「エッチでイタズラな風」 画像1
 来年1月の退任を控え、忙しくしているのはオバマ大統領(54)だけではない。ミシェル夫人(52)も外遊に追われる日々を過ごしている。
 6月29日、夫人はスペイン・マドリード郊外の空軍基地に政府専用機で降り立った。大統領のつき添いではなく、自らが主導する発展途上国の女子教育支援キャンペーンを推進すべく、レティシア王妃に会うためだ。長女マリア(18)、次女サーシャ(15)、夫人の母マリアン・ロビンソン(78)もこれに同行した。
 一行がタラップに姿を現したその刹那――さすが情熱の国! 一陣の風が吹き、夫人らを"歓迎"したのだ。マリアは危ういところでスカートをおさえ(上写真)、夫人は余裕のガード(下)。スキのない家族の対応に、大統領も「Yes,We Can!」と胸をなで下ろしたことだろう。
 マリアは来秋からハーバード大学に進学する才女、サーシャも真面目な性格で親孝行との評判だ。広島訪問などレガシー(政治的遺産)づくりに精を出す大統領の"集大成"はスクスク成長している。
オバマ夫人&娘を襲った「エッチでイタズラな風」 画像2
PHOTO:AFLO
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集