またもや大量当選してしまった 珍議員たちの見識

今井絵理子、朝日健太郎、石井苗子…
またもや大量当選してしまった 珍議員たちの見識 画像1
選挙期間中の新聞アンケートにもすべて「無回答」だった今井絵理子氏。今後、勉強することは多いようだ
「まずは雑巾がけから。(基地問題については)これからきちんと向き合っていきたいと思っています」
 沖縄出身の元SPEED・今井絵理子氏(32=自民党比例代表)は初当選を果たした直後のインタビューで基地問題をスルーし、視聴者から批判が殺到した。同じく自民から初当選(東京選挙区)した元ビーチバレー日本代表の朝日健太郎氏(40)は、憲法改正について問われ、「議論のステージに立っていない」とポツリ。
 神奈川選挙区でトップ当選を果たした三原じゅん子氏(51=自民)は、
「神武天皇以来の伝統を持った憲法を作らなければいけない」
 など「神武天皇実在説」にも言及し、集まった関係者を凍りつかせた。
 ’14年の衆院選で落選し、表舞台から姿を消していた渡辺喜美氏(64)は、かつて批判していた「おおさか維新の会」から比例当選し、満面の笑みで万歳三唱。同じく維新の元女優・石井苗子氏(62)は、自身の当選を「奇跡」と振り返った。
 今回の参院選の候補者選びでは、女性キャスター中心に声をかけて軒並み断られたり、各党が知名度の高い候補を探して右往左往した。
 当選後の発言を聞く限り、まだまだ見識十分とはいかないようだが、議員生活は始まったばかり。目立つのは6年に一度の選挙だけ、とはならないようにしていただきたい。
またもや大量当選してしまった 珍議員たちの見識 画像2
身長199㎝の朝日健太郎氏。党幹部は「大型新人」と持ち上げるが、本人は「そればかり注目される」と苦笑
またもや大量当選してしまった 珍議員たちの見識 画像3
選挙期間中、改憲の是非に一切触れなかった理由を問われると、「あまりにも当たり前なので」と言い切った
またもや大量当選してしまった 珍議員たちの見識 画像4
’14年の衆院選に落選後、10㎏減量したという渡辺喜美氏。「リベンジ物語をスタートする」と意気込む
またもや大量当選してしまった 珍議員たちの見識 画像5
当選が確定すると、かつて出演していた『TVタックル』の決めゼリフをもじり、「選挙タッコォ〜!」と絶叫
PHOTO:鬼怒川 毅(今井絵理子、朝日健太郎) 會田 園(三原じゅん子) 共同通信社(渡辺喜美) 石井苗子氏は自身のフェイスブックより
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集