1本足で踏ん張った熊本城の復旧工事、始まる

費用は全体で600億円、完全復旧には20年かかるとも
1本足で踏ん張った熊本城の復旧工事、始まる 画像1
補強された飯田丸五階櫓。約410年前に加藤清正が築城した。織田信長の安土城にも参画した、石垣職人・穴太衆(あのうしゅう)による強固な石組みだ
 大打撃を受けた熊本城が、ようやく復旧の途についた。熊本大地震が発生してから、8月16日で4ヵ月。"1本足"の石垣だけで約35tの建物を支えていた、飯田丸五階櫓(やぐら)の緊急補強工事が完了した。新たに櫓を守るのは、長さ33m、高さ14m、幅6mの「鉄の腕」と呼ばれる緑色の鉄骨直方体。3本の支柱が櫓の下に差し込まれ、建物を支えている。今後、櫓を傷つけないように注意しながら、震災前のように石垣を積み直す予定だという。
 だが、完全復旧への道のりは長い。地元紙の記者が語る。
「熊本市の大西一史市長は『’19年までに天守閣を再建したい』と語っています。新しい天守閣を『復興のシンボルにしたい』とも。ただ国の指定重要文化財・北十八間櫓などは、石垣がすべて崩落し現在でも近づくことすらできません。天守閣前の広場も瓦が散らばったまま。城が完全復旧するには少なくても20年はかかるでしょう。費用は600億円になると言われています」
 市は来年度中に、復旧工事のロードマップを作成する予定だ。
PHOTO:青沼修彦
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集