みみめめMIMI「アニメと音楽で世界を狙います」

『ナカイの窓』でも過激トークが話題に
みみめめMIMI「アニメと音楽で世界を狙います」 画像1
’13年デビューのみみめめMIMI。アニメ『甘々と稲妻』のオープニング曲『晴レ晴レファンファーレ』も好評だ
「いまの時代って、国を超えてアニメがどんどん身近な存在になっていますよね。だからアニメと音楽が一緒になれば間口が広がって、よりたくさんの人に作品を聴いてもらえると思ったんです」
 こう語るのは、音楽ユニット『みみめめMIMI』のボーカル、タカオユキ(26)だ。彼女が作詞作曲した音楽に相方のイラストレーター『ちゃもーい』が描いたアニメーションを重ね合わせる。この「2.5次元」という新しいコンセプトがウケて、いまや音楽フェスに引っ張りダコだ。
「私たちの曲のミュージックビデオ(MV)には、ちゃもーいが描いた『MIMI』という女のコ(写真右)が登場します。ライブでは私が歌って、MVではアニメの世界が楽しめる。1+1が3にも4にもなるんです。世界中の人たちに受け入れてもらえたら最高です!」
 そう語るタカオは、キャラクターも個性的。先月放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系列)では、カツオ節や黒ゴマで作ったセミが弁当箱の中に並べられた奇妙な料理を披露。そのグロテスクさに、SMAPの中居正広(44)ら出演者から「グロ弁だ!」と悲鳴(?)が上がった。
「自分では変な弁当だなんて思っていなかったんです。気になったキャラや生き物を料理にできて楽しいなって。見た目にこだわりすぎて、味はちょっと……っていうことはありますけど(笑)」
 なんともユニークな彼女。次はぜひ「FRIDAY弁当」を作ってください!
PHOTO:小檜山毅彦
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold