高島礼子に捨てられて 「シャブ中」高知東生、愛人とともに初公判

高島礼子に捨てられて 「シャブ中」高知東生、愛人とともに初公判 画像1
保釈されたときと同様、黒スーツで出廷。散髪したようで、髪は短くなっていた
「20歳から使っていました……」
 こう法廷で語ったのは元俳優の高知東生(51)。8月31日、覚せい剤取締法違反などの容疑で今年6月に逮捕された高知被告と、愛人関係にあった元モデル・五十川敦子被告(34)の初公判が東京地裁で開かれ、両者に懲役2年が求刑された。
 高知被告は背筋を伸ばして裁判官の質問を聞いていたが、回答は聞き取りにくいほど小さな声。五十川被告と目を合わせることもなく、終始不安気な様子で求刑内容に聞き入っていた。
 注目された元妻・高島礼子(52)の情状証人としての出廷もなし。どうやら高島は、本格復帰に向けて元夫との関係を完全に断つ気のようだ。最近、高島と話したという芸能関係者が言う。
「夫婦関係に未練がないわけではないようで、高知さんを非難することはなく、むしろ同情しているようでした。ただ、『このまま終わるのは耐えられない』とも言っていた。彼女はテレビ局員との飲み会に気軽に来てくれ、下ネタにも嫌な顔をしない姉御肌。何とか彼女を助けたいと考えている芸能界関係者は多いですし、まずは『金スマ』あたりに出演し、徐々に女優業にも復帰すると思います」
「現在は無職」と法廷で語った高知被告。元妻にも捨てられた現在(いま)、一人でシャブの誘惑に立ち向かうしかない。
高島礼子に捨てられて 「シャブ中」高知東生、愛人とともに初公判 画像2
愛人だった五十川被告が、インターネットを通じて覚醒剤を購入していた
PHOTO:蓮尾真司
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集