放尿に脱糞!中国でワガママ女たちのハレンチ暴走が止まらない

「90后」たちと呼ばれる「一人っ子政策」最終世代に、高まる非難の声
放尿に脱糞!中国でワガママ女たちのハレンチ暴走が止まらない 画像1
コンビニのカウンター上で、お茶を飲みながら放尿する女性
「漏れそう、漏れそう……」
 店に入ってきた女性はブツブツつぶやきながら、股間を抑えモジモジしている。中国東部、山東省青島(チンタオ)市のコンビニで深夜に起きた出来事だ。
「お客さん、大丈夫ですか?」
 店員が話しかける。10代と思われる女性は質問を無視し、いきなり会計カウンターに乗ると、スカートをたくしあげパンツをおろししゃがみ込んだ。
 シャ―!!
 勢いよく放尿し始める女性。床に大量の黄色い液体が飛び散る。
「わぁ、なんてことするんですか!」
「ガマンできなかったのよ。間に合ってホッとしたわ」
 店員があわてて店長を呼びに行く間に、女性はスッキリした顔でパンツをはき、平然とコンビニから出て行った――。
地下鉄車内で黒い下着姿に
 中国で、明らかに常軌を逸した行動をとる若い女性が急増。大きな社会問題となっている。尿意をもよおすと人前だろうと放尿し、腹が減れば電車内でも食い散らかしながら食事……。とくに「90后(ジョウリンホウ)」と呼ばれる’90年代生まれの10代〜20代の女性の行動は、「まったく理解できない」と非難されているのだ。ジャーナリストの周来友氏が語る。
「一人っ子政策の究極の弊害です。’90年代生まれの子どもは、両親も大半が甘やかされて育った一人っ子。祖父母もまだ若い。家庭では祖父母両親4人から望んだモノをすべて与えられ、何不自由なくすごしてきました。とくに女の子は溺愛されています。自己中心的で、家庭の外に出ても周囲が気をつかうのは当然と思っている。善悪の判断意識が薄く、欲求を抑えることができないんです」
 広東省深圳(シェンジェン)市の市営地下鉄車内では、20代前半の女性が裸になっていた。
「ちょっとアナタ、何してるんですか!」
「服を脱いでんのよ。見ればわかるでしょう。今日は39℃もあるのに、ガマンしろって言うの!?」
 乗客の通報を受け現場に急行した車掌が「周りのお客さんの迷惑になるのでやめてください」と注意する。だが、上着を脱ぎ黒いブラジャーとショーツ姿になった女性は聞く耳を持たない。車掌は次の停車駅で応援を要請。駅員2人が女性の両脇をかかえ、車外に連れ出した。
「私が何をしたって言うの!? 暑いから服を脱ぐのは当然じゃない!」
 事務所で「アナタのやったことは迷惑行為だ」と説明するが、女性にまったく反省の様子はない。それどころか、「弁護士を呼べ!」「会社を経営している父親に言いつけオマエたちをクビにする!」と息巻く始末。手に負えなくなった駅員が「もう結構です。お帰りください」と伝えると、女性はブツブツ文句を言いながら下着姿で事務所を後にした。
 一人っ子政策の廃止の要因の一つでもあった、90后の相次ぐトラブル。中国当局は深刻な事態に、来年度から本格的な教育改革に乗り出すとしている。
放尿に脱糞!中国でワガママ女たちのハレンチ暴走が止まらない 画像2
北京市の会社では、若いOLがエレベーターを一時停止させトイレ代わりに脱糞
放尿に脱糞!中国でワガママ女たちのハレンチ暴走が止まらない 画像3
乗客の邪魔になっていても気にしない。地下鉄のドア前でスマホに熱中する
放尿に脱糞!中国でワガママ女たちのハレンチ暴走が止まらない 画像4
通行人がスマホや携帯で撮影していようが、尿意をもよおせばおかまいなし
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集