"退職金"123億円を手にするYahoo!の美人CEO

女性としては全米一の高収入
メイヤー氏はヤフーの前はグーグルに在籍。3児の母で、夫は弁護士兼投資家
 いまアメリカで、その動向がいちばん注目されている経営者はこの人だろう。米ヤフーの美人CEO、マリッサ・メイヤー氏(41)だ。
「4年前にグーグルやフェイスブックに押され経営不振に陥っていたヤフーのCEOに就任しましたが、業績はさらに悪化。その一方で彼女が受け取る高額な報酬がたびたび報じられました。’15年の女性CEOの報酬ランキングでは、メイヤー氏の年間報酬額は約36億円(3600万ドル)。2位のペプシコCEOのインドラ・ヌーイ氏に14億円近い差をつけてダントツの1位でした。さらに、彼女がCEOを退職すれば約123億円を手にするという、驚きの数字も報じられ、衝撃が広がっています」(在米ジャーナリスト)
 7月には、中核事業のネット事業をベライゾン・コミュニケーションズ社に約48億ドルで売却することを発表、近日中の退任が確実視されている。メイヤー氏は「あと6ヵ月から9ヵ月はCEOであり続ける」と語っているが、莫大な報酬を手に"華麗なる転身"を遂げるのか。
PHOTO:Brian Ach/Getty Images
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold