絶好調!DeNA 筒香を支えるモデル風美女

ホームランダービー独走中の裏には、彼女との半同棲生活があった
絶好調!DeNA 筒香を支えるモデル風美女 画像1
8月下旬、高層マンションから美女と現れた筒香。直撃時には彼女を守るように一人で質問に答えた
 まるで獲物を狙うような鋭い眼光でズンズン歩くこの男(写真上)。185㎝、97㎏の体軀(たいく)からはタダ者ではない雰囲気が漂っている。彼は、球団初のクライマックスシリーズ進出を射程圏内におさめる横浜DeNAベイスターズの若き主将、筒香嘉智(つつごうよしとも)(24)だ。
 高校野球の強豪校・横浜高校出身でプロ入り7年目。かねてから天才バッターの名をほしいままにしてきた彼は、いまや球界を代表する選手に成長した。今シーズンの本塁打数は38本(9月6日時点)で、現在セ・リーグのホームランダービートップをひた走っている。
「筒香は月間MVPを獲得した7月には16本のホームランを放ち、ヤクルトのウラディミール・バレンティン(32)が’13年に打ち立てた最高記録(18本)に肉薄しました。昨年11月には侍ジャパンの一員として国際大会『WBSCプレミア12』のメンバーにも選出され、3割8分5厘の成績を残している。近い将来、日本代表"不動の4番"に座ることは確実。ライナー性のホームランは迫力満点で、客を呼べる選手ですね」(DeNA担当記者)
 そんな男だけに、世の美女も放ってはおかない。先月26日のDeNA―巨人戦でも、始球式に登場したタレントの橋本マナミ(32)が、
「お話ししたかった選手は、筒香さん。スゴい活躍されていますから。(話したら)カラダを触りまくりたい!」
 と、猛アピール。「日本で一番イイ女」から熱いラブコールが送られた。
 ところが――。
 筒香には現在、主力選手としてのハードな戦いを支えてくれている恋人がいたのである。
 本誌が二人のツーショットを目撃したのは、8月中旬のこと。この日、神奈川県内の高層マンションから出てきた筒香の傍(かたわ)らには、スタイル抜群のモデル風美女が。二人はコソコソすることなく、堂々と近くのショッピングモールへ。時折ボディタッチをしてイチャつく様子からは、ラブラブなムードが伝わってくる。
「筒香は女性に対しては本当にマジメな性格で、浮気もしない。とくにいまの彼女と出会ってからは、フラフラと遊び歩くようなことはしなくなりました。よほど相性が良いらしく、彼女を大事にしています」(筒香の知人)
 一途な筒香に惚れ込んだのか、美女も甲斐甲斐しく尽くしているようだ。
 たとえば横浜スタジアムでゲームがあった日には、試合で疲れた筒香を気遣(きづか)ってか彼女がクルマのハンドルを握って帰宅。さらに筒香が遠征に発(た)つ前日にはマンション近くのクリーニング店に向かい、彼のワイシャツと思(おぼ)しき荷物を受け取っていた。
 まさに新婚夫婦のような生活を送っている彼ら。本誌は8月下旬、マンションから出てきた二人を直撃した。
――フライデーです。一緒にいらっしゃるのは彼女さんですね?
「ええ、まぁそうです。彼女です」
――一般の方ですか? それともタレントさんやモデルさんでしょうか?
「一般人です。だから、彼女のことはあまり話せないですよ」
――年齢はおいくつくらい?
「う〜ん、それはちょっと……。まぁ20代半ばです」
――いつごろからお付き合いされているんですか?
「それはプライベートなことなんで」
――同棲は?
「いえいえ、してないです」
――いまや日本の4番ですね。
「ベイスターズのことに集中したいので、代表の話は控えさせてください」
"記者泣かせ"の選手としても知られ、寡黙な彼だけに多くは語らないが、彼女への愛情はしっかり伝わってくる。
 念願のホームラン王も目前に迫り、来シーズンはさらなる活躍が期待される筒香。このままシーズンオフの発表もあり得るか!?
絶好調!DeNA 筒香を支えるモデル風美女 画像2
新車を購入するつもりなのか、何台も高級車を試乗していた。この日はワインレッドのジャガーをお試し
絶好調!DeNA 筒香を支えるモデル風美女 画像3
筒香のマンションから愛犬を連れて動物病院へ向かう彼女。ワンちゃんは二人にとっての"子ども"なのだろうか
PHOTO:川上孝夫
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold