JR東海 足上げ新幹線運転士の「呆れた言い訳」

居眠り、スマホいじりだけではなかった
JR東海 足上げ新幹線運転士の「呆れた言い訳」 画像1
新幹線を撮影したツイッター。この写真がきっかけで大騒動になった
「疲れていたので、足を伸ばして楽な姿勢を取りたかった」
 9月6日午後1時55分ごろ。掛川-浜松駅間を走行中の「こだま653号」を撮影していた鉄道ファンはとんでもない場面を目にした。
 運転士が両足を運転台にかけたまま時速200㎞の新幹線を疾走させていたのだ。
 写真はツイッターに投稿され、またたくまに拡散した。問い合わせを受けたJR東海は社内調査を始め、「犯人」を特定。問題の男性運転士(29)は冒頭のように言い訳したという。
 近年、JR東海以外でも、山手線の運転士によるスマホいじりや、居眠りなどの不祥事が相次いでいる。
「運転士はブレーキハンドルを離さないようにと訓練されています。非常時にそんな姿勢ではブレーキもかけられない。問題だと思います」(鉄道評論家の川島令三氏)
 JR東海広報部はこう答える。
「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。(男性運転士は現在)乗務の予定はございません。具体的な処分はまだ決まっておりません」
 男性運転士は、「足を上げていたのは10秒ぐらいで、過去にも5〜6回した」と話している。「足上げ運転」を繰り返していたとすれば、呆れるほかない。
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集