内田裕也&堺正章「大御所たちの晩ご飯は星いくつ?」

内田裕也&堺正章「大御所たちの晩ご飯は星いくつ?」 画像1
男女計6〜7人が集まったこの夜は内田もリラックスしていたのだろうか、楽しそうな姿が印象的だった
 9月下旬。若者の街・渋谷から少し歩いた神泉町(渋谷区)で、首にスカーフを巻いたロックな白髪の老人を発見した。内田裕也(76)だ!
 内田といえば、小池百合子都知事(64)の所信表明演説に対し、「(言ってることを)ちゃんと実行しろよ!」と、傍聴席からシャウトしていたことが記憶に新しい。
 そんな元気なロケンローラーはこの日、60代くらいの男性と待ち合わせをしていた。どこかと思えば、ここは豚骨ラーメンがウリの人気店。なんでも店主は福岡の名店で修業を積んだそうで、行列ができることも珍しくない。さすがグルメサイトで星3.6を獲得しているだけあり、この夜も10時過ぎだというのに、店内はほぼ満席だった。
 内田はスタッフらしき女性に手を引かれながら、のっそりと入店。中では他にも関係者らしき男女数名が待っていた。ご一行は左手奥のテーブルに陣取り、一口餃子(10個520円)を人数分とビールや日本酒、焼酎などを注文。店内はかなり賑(にぎ)わっていたため会話は聞こえないが、話が弾んでいる。豊洲問題の闇についてでも話しているのか。
 その後、名物の豚骨ラーメン(720円)が運ばれてきた。この店では麺の硬(かた)さを7段階から選べるが、内田は「やわらかめ」をオーダー。たしかにそのほうが胃に優しいよな。シンプルで万人受けする味に、ロック界の大御所も頬をほころばせながら完食した。
 約1時間後、関係者らと固い握手を交わし、タクシーで帰宅。会談だとしたら、なんともリーズナブルであった。
 一方、もう一人の大御所・堺正章(70)がいた店は、内田と非常に対照的だった。10月上旬のある夜、同じ神泉町でも、マチャアキが選んだのは埼玉県に本店を構える老舗うなぎ屋。グルメサイトによれば、夜の平均予算は1人1万円以上、星3.8を獲得している高級店である。長年、料理番組の司会を務める男にはピッタリだ。運転手付きの車から降りたマチャアキが、重厚な黒塗りの扉を開けて店内へ入る。一緒にいるのは’11年に再々婚した22歳年下の美人妻か。ブルーのパンツが若々しい。
 二人は、入って左手のテーブルに通される。どうやら店内で、男性二人と待ち合わせをしていたようだ。どのコースを選んだのかは不明だが、ここは1832年から続く超老舗店。ふっくら丁寧に焼かれたうなぎに甘さ控えめのタレがかかったうな重や、出汁(だし)がきいたうまきなどを味わえる「うなぎコース」(8800円)を食した可能性は十分に考えられる。まぁ、マチャアキクラスにもなると、さらに上のコースを頼んでいるだろうが。
 約2時間半、絶品料理を堪能したマチャアキ。食事をともにした相手はよほどの人物だったのか、帰り際、巨匠とは思えぬほど深々と頭を下げ、待たせていた車に乗って帰って行った。
 この会食は二人にとって、「星3つ」になったに違いない。
内田裕也&堺正章「大御所たちの晩ご飯は星いくつ?」 画像2
段差のある入り口は慎重になるのか入店時同様、女性スタッフに手を引かれながら店から出てきた
内田裕也&堺正章「大御所たちの晩ご飯は星いくつ?」 画像3
赤いキャップを被り首にはスカーフのようなものを巻いている。若々しいファッションは年下妻の影響か
PHOTO:足立百合(内田裕也) 島 颯太(堺正章)
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold