バツ3で64歳 タイ皇太子の「強烈入れ墨写真」が流出!

国民の敬愛を一身に集めたプミポン国王が死去し、次期国王はこの方
バツ3で64歳 タイ皇太子の「強烈入れ墨写真」が流出! 画像1
ドイツ・ミュンヘン空港に降り立つ皇太子と彼女。愛犬のプードルも旅行に同行させた
 へそ出しのタンクトップに腰ばきのタイトジーンズ、背中にはタトゥー風のボディペインティング。この男性は、タイのワチラロンコン皇太子(64)その人だ。皇太子には3度の離婚歴があり、隣に立つのは「新しい彼女」だという。
 10月13日、国民から敬愛を寄せられたプミポン国王(享年88)が死去。皇太子が即位することになるが、早くも不安が囁(ささや)かれている。
「今年7月にドイツのミュンヘン空港で撮られたものです。タイでは不敬罪があるので、王室に関する公式発表以外の報道は取り締まられます。誰が撮ったかは不明ですが、関係者の間で話題になっています」(在タイのジャーナリスト)
 皇太子は13歳で英国に留学、さらにオーストラリア留学を経てタイ国軍に入隊。パイロットの資格も持ち、戦闘機などの操縦ができる。7人の子どもがいるが、’07年には3人目の皇太子妃の誕生日パーティで乱痴気騒ぎする動画が流出した。
 国民からは妹のシリントン王女(61)の即位を推す声も少なくない。
「今回は即位まで1年間の服喪期間が設けられています。実権をもつプラユット暫定首相が見定める時間を求めた可能性もあります」(前出・ジャーナリスト)
 今後、皇太子には一層厳しい視線が注がれることになる。
バツ3で64歳 タイ皇太子の「強烈入れ墨写真」が流出! 画像2
3度の離婚歴に加え、頻繁に海外に滞在するため、国内での皇太子の存在感は薄い
バツ3で64歳 タイ皇太子の「強烈入れ墨写真」が流出! 画像3
若き日のプミポン国王の写真をもち、喪に服す女性。追悼行事は国中で行われた
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold