スクープ撮!関ジャニ大倉と吉高由里子「バリ島2泊4日の婚前旅行」

ジャニーズ事務所の猛反対を押し切り
image
これまで、都内では決して2ショットにならなかったが……旅の解放感が産んだ一枚
 これを「二人だけの世界」というのだろう。10月22日朝、成田空港の動く歩道の上で吉高由里子(28)と『関ジャニ∞』の大倉忠義(31)が、寄り添いながらスマホの画面を覗(のぞ)き込んでいた。オフシーズンの成田というシチュエーションに油断したのか、近くにいた本誌に気づく素振りもない。今年7月、本誌が二人の半同棲生活をスクープしたときの、超厳戒態勢がウソのように――。
 二人が日本を発ったのは10月19日午前のこと。行き先はバリ島。2泊4日のまさに〝婚前旅行〟である。
「吉高さんと大倉くんらしきカップルが、成田のチェックインカウンターにいたので驚きました」(居合わせた旅行客)
 バリには、話題の『ブルガリ・リゾート』や『カルマ・カンダラ』など、プライベートビーチを備えた高級ホテルが複数ある。束の間の休日を過ごすには、最適なロケーションではあるが……。
「フライデーに撮られた後、大倉は『お友だちです』と交際を否定しました。『別れさせられた』という情報も飛び交った。関ジャニはジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長の覚えがめでたい人気グループ。ましてや、大倉は焼き鳥チェーン『鳥貴族』の御曹司ですから、求められるハードルは高い」(芸能プロ幹部)
 酔うと「結婚したい!」を連発するという吉高も「事務所側から何か言われたのか、『ジャニーズは嫌い!』と怒っていたことがあった」(知人)という。
 二人はまだ付き合っているのか。半信半疑で取材を始めた本誌の視界に飛び込んできたのが、冒頭のシーンだった。
 話を成田空港に戻そう。
 入国・通関手続きを終えると、吉高が一人、到着ロビーの外へ出た。車寄せのあたりをしばらくウロウロした後、黒いワンボックスカーに乗った男性と合流。直後、ロビーで待機していた大倉が、ゆっくり吉高のもとへ歩いてきた。
 二人を乗せたワンボックスカーは東京方面へ向かったのだが、都内に入ったところで、高速を降りて路肩に停車。スライドドアが開き、吉高が降りた。トラブルか――と思いきや、彼女は近くにいたタクシーに乗り換えて一人、大倉のマンションへ! 東京に戻れば、再び厳戒態勢というわけだ。自らも人気女優でありながら、大倉をここまで立てられる吉高なら、結婚相手として認められるかもしれない。大倉の父・忠司氏を直撃した。
――忠義さんが吉高さんと一緒にバケーションを満喫していたようですが?
「知りませんでした。息子と会っていないので。連絡も取っていなくて」
――吉高さんと交際していることは?
「いやぁ、まったく。そういうの(雑誌など)は見ないものですから……」
――早く紹介してほしいのでは?
「そうですね(笑)」
――とてもきれいな女優さんですよ。
「そうなんですか。ははは」
 感触は上々。お父さんも望んでいることだし、そろそろ紹介してあげては?
image
黒いベースボールキャップ&マスク&黒アウター&スニーカーで〝ほぼペアルック〟
image
大倉をロビー内に待機させ、吉高は寒空の下、一人で迎えの車を探す
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集