ドラマで話題!「校閲問題」を解いてみよう

石原さとみの
『校閲ガール』は
こんな仕事をしています
image
 10月5日の放送開始から高視聴率をキープしているドラマ『地味にスゴい! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)。石原さとみ(29)演じる主人公が校閲者として悪戦苦闘しながらも成長していくストーリーがウケて、〝今秋No.1ドラマ〟との呼び声も高い。ドラマの中で校閲者は地味な存在として描かれているが、とんでもない! 出版社にとって、校閲部門は原稿にひそむ誤字脱字や事実誤認を印刷前に細かくチェックする、いわば〝最後の砦〟なのだ。では、実際に『校閲ガール』は日々どんな仕事をしているのだろう? 下に、本誌が講談社の校閲部とともに作成した問題集を用意した。それぞれの文章には、ある間違いが隠されている。さぁ、あなたはいくつ正解に辿(たど)りつくことができるか!?

地味にムズい!?
校閲問題に挑戦!
問題編
1 長男、長女に続いて次男を出産。これが世に言う一姫二太郎

2 梨園の御曹子(おんぞうし)が踏んだ初舞台はまさに蛙の子は蛙、あどけなさのなかに気品が漂うものだった

3 今日は4月らしい、小春日和のいいお天気ですね

4 私、恥ずかしながらもその男の作り話に苦もなくだまされてしまったんです

5 彼女の念力をもってすれば、東京タワーはおろか、スプーンだって曲げられたに違いない

6 凶暴な群れと化したシャチこと海のギャングがクジラを襲った

7 あの悪名高いカルト教団教祖の素顔を剝(は)ぐ!

8 私の彼はどうしようもない浮気症です。はっきり言ってケダモノです

9 私、男の方と二人きりでお話しするのは初めてなんです。両親が厳しくて、世間ずれしているものですから

10 何か特別にしつけられたという覚えはありませんが、『二つ返事をするな』とだけは厳しく言い聞かされました

11 党中央が頭ごなしに選んだ落下傘候補

12 マラソンの参加ランナーはすべからく完走した

13 彼は気が置けない相手だから、相談事なんてもってのほかだ

14 私では役不足ですが、一所懸命がんばります

15 彼女はいつものように京王線の千歳烏山駅から特急に乗って、渋谷へ向かった

回答編
1 「一姫二太郎」とは一番目に女の子、二番目に男の子と生まれる順番を表したもの。男児二人に女児一人という意味ではないのでご注意!

2 「蛙の子は蛙」は「凡人の子はやはり凡人」という意味。褒め言葉には使わないので、「梨園の御曹子」と呼ばれる名門の役者を表すのには不適切

3 「小春」という文字から春の過ごしやすい一日だと思ってしまうが、これが落とし穴!「小春」は陰暦10月の異称で初冬、いまでいう11月ごろにあたる。日一日と寒くなっていく中で、ときに春のような温かい日がある――こういう日を「小春日和」と呼ぶ

4 「苦もなく」というのは、なんの努力も苦労もせずにうまくいく、という意味。この文章の場合、「私」が主体なので「苦もなく」騙されることはありえない。「私」の立場からは「手もなく」となる

5 「おろか」は「言うに及ばず」に言い換えられる。前に程度が軽い言葉を置いて、後により程度がはなはだしい表現を置くのが正解。この場合、「東京タワー」と「スプーン」は逆!

6 この場合の「こと」は、「すなわち」の意味。このままでは「海のギャング」が正式な名称で、「シャチ」が通称になってしまう。「海のギャングことシャチ」が正しい

7 素顔を剝いでしまったら、現れるのは筋肉、骨、血管ばかり……。ここは「素顔に迫る」「素顔を暴く」などが○。「剝ぐ」を生かしたいなら、「仮面」や「化けの皮」などが適切

8 いくらケダモノであっても、気の多い性質を「浮気症」とは書かない。あくまで「性質(たち)」の範囲内なので、「浮気性」となる

9 「世間ずれ」の「ずれ」は、漢字で書けば「擦れ」。こすれて原形が損なわれることを意味している。つまり「世間ずれ」は、厳しい世の中に揉まれ純真さが失われ、世知に長けていること

10 「二つ返事」とは、しぶしぶする「ハイハイ」という返事ではない。すぐに気持ちよく引き受けるのが「二つ返事」なので、この文章は不自然!

11 「頭ごなし」は相手の言い分を聞かず、一方的に決めつけた態度をとる様子。この場合、当事者をさしおいてコトが進められる「頭ごし」がふさわしい

12 「すべからく」は「ぜひとも」という意味。「風邪を治したければ、すべからく医者の言いつけを守るべし」のように、「べし」とセットで使われる。この場合、正しくは「すべからく完走すべし」になる

13 これもよくある間違い。「気が置けない」とは、遠慮したり気遣ったりする必要がないこと。使うならば「気が置けない相手なんだから、腹を割って語ろう」などの表現になる

14 このままでは、ズイブン傲慢な人間だと受け取られてしまうのでご注意!「役不足」は役目が軽すぎて、実力相応ではないこと。この場合「私では力不足ですが」が適切

15 一見、千歳烏山駅から直通のない渋谷が間違いだと思いがち。ところが明大前駅で京王井の頭線に乗り換えれば、渋谷に行くことは可能。この文章の誤りは「特急」。千歳烏山駅に特急は止まらないのだ('16年10月現在)
PHOTO:原 一平
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集