"遊び人"ヘンリー王子の新恋人「アメリカ人女優」の評判

人気ドラマにも出演するセクシー女優
メーガンは、カナダの有力紙トロント・サンのインタビューで王子との関係に触れ「私の人生で最も幸せなとき」と語った
「彼女こそ運命の人だ。彼女も同じだと思う」
 英国のヘンリー王子(32)は親しい友人にこう話したという。
 11月8日、英王室はヘンリー王子と米女優メーガン・マークル(35)との交際を認めた。
 2人が出会ったのは今年5月。ヘンリー王子が傷病兵のための国際スポーツ大会をPRするためにカナダ・トロントを訪れた際に出会い、意気投合した。
 ヘンリー王子はこれまで数々のモデルや女優との交際が報じられ、’12年には全裸パーティ写真が流出したこともある「遊び人王子」だが、今回発覚した新恋人とは結婚間近と目されている。
 お相手のメーガンは米人気ドラマ「SUITS」に出演中の女優。芸能活動のほかに、世界の子どもたちを支援するNGO「ワールド・ビジョン」の国際大使を務めるなど人道支援活動にも力を入れているが、交際が発覚すると、英国のマスコミから大バッシングが起こった。
「メーガンの母がアフリカ系であることや、過去に結婚歴があること、テレビドラマでセクシーなシーンを演じていることなどが暴露され、問題視されています」(現地紙記者)
 メーガンの異母姉まで英紙の取材に応じ、その人間性を暴露。両親はすでに離婚し、72歳の父親は最近、300万円の負債で自己破産を申請したが、メーガンは援助しなかったと明かし、
「ハリウッドが彼女を変えてしまったんです。テレビでロイヤルファミリーを見た子どものころから、プリンセスになるのが彼女の夢なんです。妹はナルシストでわがまま。本性を知ればきっと王子の気持ちは離れていくでしょう」
 とまで言い切ったのだ。
 バッシングを受けて、英王室は異例の抗議声明を発表する事態にまで発展した。
「過去には離婚したマーガレット王女や、不倫の末に結婚したカミラ妃などもいる。英王室に芸能人が入るのは初めてのことだからみんな騒いでいるのではないでしょうか」(イギリス王室に詳しいジャーナリストの渡邉みどり氏)
 ヘンリー王子は以前から「早く子どもが欲しい」と発言していた。バッシングを乗り越え、最愛の女性を英王室に迎えることができるのか。
ヘンリー王子は、今年9月の英紙の調査で「世界でもっともホットな王族」の1位に選ばれた
PHOTO:Getty Images(メーガン) 代表撮影/ロイター/アフロ(ヘンリー王子)
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集