会費1万円!宮沢磨由が開く「秘密の魔法」セミナーの中身

「育休不倫議員」のお相手だった
巨乳タレントのいま
会費1万円!宮沢磨由が開く「秘密の魔法」セミナーの中身 画像1
会場となるビルに入って行く宮沢と本イベントの共催者であるA氏
 今月7日、東京駅から歩いてほど近いビルの一室で、女性限定のセミナーイベントが開催されていた。「愛とお金」をテーマにしたこのセミナーの主催者こそ、今年2月に宮崎謙介元衆議院議員(35)との「ゲス不倫」で世間を騒がせた、宮沢磨由(34)である。
 宮沢といえば、グラビアやダンス、着物の着付けなど多彩な方面で活躍。あの騒動以降パタリとメディアから姿を消していたが、現在はその知名度を活(い)かし、講師としての才能を発揮していた。
「愛もお金ももっと満たされる 秘密の魔法」と題された本セミナーを、元探偵のA氏と開催。20代後半から40代くらいの14名の女性が参加していた。
「今年2月に育休議員さんとの不倫問題で世間に迷惑をかけてしまった者です」――。まず初めにそう自己紹介した宮沢は、このセミナーを開くキッカケについて参加者たちに話し始めた。
「『実はいま、カレ氏もいるんです。だから何があっても(人から)愛されることは変わらない』ということを伝えたくて(『はるちゃん宮殿』という有料のネットコミュニティに)お話会をしますって書いたら、すごく反響があって40人くらい集まったことがありました。それで私、自信がついて(笑)。あの不倫騒動が無駄ではなかったんだと、もっと発信していきたいと思ったんです」
 不倫をネタにしたセミナーというわけではなく、自身を愛し強く生きることの必要性を、世の女性たちに伝えたいというのが主旨のよう。「何があっても自分の価値は変わらない」「騒動前より周囲からの愛を実感している」「何かあったら、男」という宮沢のポジティブ発言に真剣な表情で頷(うなず)く参加者たち。
「あの騒動があってから、男性から『お前、最悪だな』って言われたことがないんですよ。今回の騒動のとき、歴代の元カレたちは本当に優しかったです。(中略)女として、自分の人生を映画のストーリーのように描かないとダメ」
 さらに宮沢節は続く。
「いまだから言えるけど、『ありがとう、文春』みたいなね(笑)。あの騒動がなかったら、ここまで自分の人生について考えなかったし。(中略)いまはおもしろいことが起こったなぁと思えるようになったんですよね」
 騒動の渦中にいたときは「股を縫っちまえ」という悪質なメッセージも届いたというが、そこで潰(つぶ)れることなく、このようなセミナーを開催するまでに至った宮沢の精神力と男に愛される方法を、参加した女性たちは学びにきたのだろう。
 結局、本セミナーの大テーマである「愛とお金に愛される魔法」については「自分自身を愛して心を満たすこと」とまとめた宮沢。この〝魔法〟に会費1万円の価値があるのかは不明だが、宮沢の自己愛の強さは伝わった3時間であった。
PHOTO:川上孝夫
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold