ハーフ美女たちがセクシードレスで悩殺だ!

マギー (24)
image
日本での取り扱いはしていないというこのドレスがマギーの美しさをより引き立てていた
 11月29日、東京ミッドタウン(港区)にて行われた『ブルガリ アウローラ アワード』。いま、最も輝く女性たちを表彰するこの授賞式で、一際注目を浴びていたのがハーフ美女たちだ。
 その筆頭と言えるのが、マギーだろう。カナダ人の父を持つマギーは、NYのブランド『ダイアン フォン ファステンバーグ』のブラックとシルバーのロングドレスに身を包んで登場。その美しさは約15万円のドレスを凌駕(りょうが)するほどだが、最も輝いていたのは、2連のネックレスの下にある谷間だ。下を向いた瞬間、マギーの美乳が見えそうでハラハラする。
 お次は、モデルの森星(ひかり)。祖母はファッションデザイナーの森英恵(90)、母親はアメリカ人モデルという、ファッション界のサラブレッドである。そんな森は、背中が半分以上開いたブラックのロングドレスを着用。横乳と脇がしっかりと確認できるデザインだ。24歳にして、こんなに露出の多いドレスを堂々と着こなすあたり、さすがである。フォトコールでは大人の色香を振りまいていたが、「転ばないか心配」とは一緒に出席した祖母の言葉。いくつになっても孫は孫だ。
 アメリカ人の父を持つ、歌手のクリスタル・ケイも負けてはいない。マギーと同じく『ダイアン フォン ファステンバーグ』のブルーのドレスは、豊満な胸を持つ彼女にピッタリであった。
 美女のドレス姿は飽きがこない!

森星 (24)
image
森の名前と同じ星がちりばめられたドレス。ホルターネック部分はシアー素材でヌケ感を

クリスタル・ケイ (30)
image
薄いピンクのバッグを持って登場。スパンコールの入った鮮やかなブルーに目を奪われる
PHOTO:中村和彦
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集