気になる眞子さまの「結婚」と佳子さまの「留学先」

活躍が期待される女性皇族
気になる眞子さまの「結婚」と佳子さまの「留学先」 画像1
大学の課題やレポートに追われる日々の佳子内親王。英語力をアップさせ、海外留学に備えている
「特別法による天皇陛下の退位は、平成30年に行われる見通しです。そうなると、現在の皇室の公務負担はさらに大きくなります。女性宮家の創設を含め、ますます女性皇族の役割が大きくなります」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)
 女性皇族の中でもとりわけ秋篠宮家の眞子内親王(25)と佳子内親王(22)の存在感が大きいことは言うまでもない。
「先日、眞子さまの横浜デートが報じられ、紀子さまが眞子さまの言動について注意したそうです。眞子さまはICUの大学生時代に、男子学生との写真が流出し、紀子さまから2時間も説教を受けたことがありました。今回以前ほど厳しく注意されなかったのは、眞子さまも25歳になり、ご結婚が視野に入ってきたからではないでしょうか」(秋篠宮家関係者)
 一方、妹の佳子内親王は今年ICUの3年に進学する。前出の関係者が語る。
「佳子さまは海外留学に行こうとしています。ICUでは3年次以上の学生が参加できる留学プログラムがあり、単位の振り替えも可能です。佳子さまはダンスサークルに所属していますが、警備の都合上、公演に出るのも難しい。海外留学で、好きなダンスと勉強を両立させようという考えです。皇室ではこれまでイギリスの大学への留学が多かったのですが、彼女は、’13年にホームステイをしたアメリカの大学を志望しているようです」
 ’17年は皇室にとって大きな変革の年。眞子内親王、佳子内親王にも人生の転機が待っているかもしれない。
気になる眞子さまの「結婚」と佳子さまの「留学先」 画像2
天皇誕生日の一般参賀に出席した秋篠宮家の成年皇族。左から秋篠宮、紀子妃、眞子内親王、佳子内親王
PHOTO:濱﨑慎治
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold