シリーズ 「セレブのお宅」拝見!36 ジョージ・マイケル(享年53)「ラスト・クリスマス」を過ごした英国の家

シリーズ 「セレブのお宅」拝見!36 ジョージ・マイケル(享年53)「ラスト・クリスマス」を過ごした英国の家 画像1
テムズ川沿いに建つ歴史的な建物。2014年に起こったテムズ川の大洪水では浸水の被害に遭った
「世界的なポップシンガー、ジョージ・マイケルは昨年のクリスマスに亡くなりました。心不全と発表されましたが、その後、遺体は検視に回されました。しかし、依然、死因はわからないままです」(音楽ライター)
 遺体の発見者となったのが恋人のファディ・ファワズ氏。ファワズ氏は同性愛を公表していたジョージの最後の恋人だった。1月1日、彼のTwitterに「ジョージが唯一望んでいたのは死ぬことだった」といった書き込みがあったため、自殺説が囁かれるようになった。だが、彼は、投稿は、何者かにハッキングされ書き込まれたものだとして、Twitterのアカウントを停止。死因は引き続き謎のままだ。
 ジョージ・マイケルが最期を迎えたのが、ロンドン中心部から西へ約80km、オックスフォードシャーに建つ古い邸宅だ。このレンガ造りの家は、16世紀に建てられた歴史的な建造物。暖炉のあるリビング、設備が整ったキッチン、プールなどがある。前出の音楽ライターが語る。
「’06年にジョージ自らが家を紹介する動画を公開しています。動画内ではジョージが嬉しそうに『天井も低くこぢんまりとしているが、美しい家だ』と話していました」
 彼の死後、多くのファンがこの家を訪れ彼の死を悼んでいる。
シリーズ 「セレブのお宅」拝見!36 ジョージ・マイケル(享年53)「ラスト・クリスマス」を過ごした英国の家 画像2
PHOTO:Splash/アフロ
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold