美人は一日にして成らず!菜々緒「秘密の美容注射」現場

キムタク主演の『A LIFE』や
NHK大河に出演する人気女優の「日々の努力」
image
施術中もマスクはつけたまま。点滴を受けている間は、空いた右手でスマホを操作していた
 1月中旬の夕方、黒い大きなハットとマスクで顔を隠した女優の菜々緒(28)が、東京・表参道のガラス張りのビルに現れた。
 木村拓哉主演の医療ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)やNHK大河『おんな城主 直虎』などに出演する人気女優が密かに通う場所は――Dというデンタルクリニックである。
「美容ケアも行う、芸能人御用達のクリニックです。森下悠里など女性タレントが多く通っています。顔のしわを取る高濃度プラセンタ注射と点滴のセットは1回2000円、皮膚のハリを保つヒアルロン酸注射は1万円、筋肉の動きを弱め小顔効果があるボトックス注射は5万円ほどです」(同クリニックの患者)
 菜々緒は慣れた様子で左腕の袖をまくりあげると、若い男性医師が注射をうつ。その後点滴が始まり10分ほどして針が抜かれると、念入りに二の腕を揉んでいた。
 意外にも菜々緒には、容姿に対するコンプレックスがあるという。
「自分のことを『ブスだ』と言ったり、ドラマ(フジテレビ系『好きな人がいること』)で共演した桐谷美玲より顔が大きいとネット上で指摘され、『比べられたら勝てない』とツイートしています。そのためか、顔のケアには人一倍熱心で、2万5000円のプラチナ電子ローラーを使った、1時間ほどの顔面マッサージは毎日欠かしません。スケジュールは分刻みですが、時間を見つけてはお忍びで美容クリニックに通っているんです。
 身体のケアにも余念がない。ドラマのスタッフなどには、『食べるとスタイルが維持できないから周りにお菓子を置かないで』と伝えているとか。間食にはフルーツしか食べません。肌の乾燥を防ぐため、毎日水を2L飲むようにしているそうです」(芸能プロダクション関係者)
 菜々緒の所属事務所スタッフが語る。
「美容ケアをすることもありますが、(本誌が発見した)その日は体調がすぐれず栄養剤を注射したと聞いています。本人は体調にも美容にも気を遣って、いい仕事をしたいと思っているようです」
 身長172㎝で股下85㎝の9頭身で昨年度「理想のボディ」ランキング1位(オリコン調べ)に輝いたが、スタイル維持にはかなりの手間をかけているようだ。女優もラクじゃない。
PHOTO:坂口安子
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集