シリーズ 「セレブのお宅」拝見!39 ミハエル・シューマッハ(48) 伝説のF1ドライバーが静養する湖畔の邸宅

シリーズ 「セレブのお宅」拝見!39 ミハエル・シューマッハ(48) 伝説のF1ドライバーが静養する湖畔の邸宅 画像1
「シュロス・シューミ(シューミ城)」と呼ばれる高級住宅エリアに建つ。近所には、セリーヌ・ディオンやデビッド・ボウイの別荘もある
「多くのパパラッチがミハエルの姿を狙っています。中には自宅周辺でドローンを使用して撮影に挑む者も現れました。さらに最近、シューマッハの近影を撮影したというカメラマンが現れたり、事故の際、ミハエルを搬送したヘリのスタッフがインタビューに答える記事もありました。しかし、正式発表がないため、実際のミハエルの状態についてはわからないまま。再びミハエルの元気な姿が見られるよう奇跡を祈るばかりです」(モータージャーナリスト・今宮純氏)
 2013年12月、フランスでスキーを楽しんでいたミハエル・シューマッハ(48)は、転倒した際に頭を岩にぶつけ、意識不明となる重傷を負った。
 そんなシューマッハが静養しているのは、スイスのジュネーブにある自宅。レマン湖のほとりに建つ豪邸だ。現地紙の記者が語る。
「この家は、建設に6年かかり、’07年に完成しました。総工費は4000万ドル(約46億円)。庭にはヘリポートがあり、湖畔にはクルーザーが係留されています。地下には広大なガレージがあり、限定版のフェラーリをはじめ貴重なお宝が収容されています」
 シューマッハの息子ミックは17歳ながら、今年F1の登竜門であるF3にデビューする。「夢はF1で優勝すること」というが、活躍する彼の勇姿を一番見たいのは、シューマッハに違いない。
シリーズ 「セレブのお宅」拝見!39 ミハエル・シューマッハ(48) 伝説のF1ドライバーが静養する湖畔の邸宅 画像2
PHOTO:Splash/AFLO ロイター/AFLO(顔写真)
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集