髙梨沙羅「キレイの秘密」

いまや「美女アスリート」の鑑です
髙梨沙羅「キレイの秘密」 画像1
プロに学んだテクニックを発揮した現在の髙梨。目の上側をリキッドアイラインで強調し、涙袋にハイライトを入れることでパッチリとした印象になった
「どんどん美しくなっていくのでビックリですよ。最近では"女"って感じで色気すら感じます」(スポーツ紙カメラマン)
 2月7日、W杯通算勝利数を52に伸ばし、歴代最多優勝記録まであと1つとした髙梨沙羅(20)が、欧州遠征から帰国した。最近整形疑惑も出るほど美しくなった彼女だが、実はこの変化、昨年8月に資生堂とのスポンサー契約をしたことで「プロの技を盗んだ」からだという。
「契約は日焼け止めの"アネッサ"ですが、当然資生堂の美容部員がメイクの手ほどきをしていますよ。元々何事にも研究熱心な彼女は、メイクの上達も早いんです」(広告代理店営業)
 何をどう変えたのかプロに解説してもらうと……。
「眉と目のメイクで印象はガラリと変わります。彼女は目の上下にアイラインをしっかり入れて目ヂカラをアップさせていますね。すっぴんだと少し寄り目気味であどけない顔つきの髙梨選手ですが、下のアイラインの効果で意志を感じさせる目元になりました。さらに、肌に馴染むブラウン系のアイシャドウと鼻筋のハイライトで自然な感じでメリハリのある顔立ちになっています。ヨーロッパ選手と比べて幼く見えがちでしたが、大人っぽくキレイに変身したことで見た目に自信が出てきたのでしょう、振る舞いも堂々としてきましたよね」(美容雑誌ライター)
 美に磨きをかける髙梨。勝利だけでなく異性も引き寄せることになりそうだ。
髙梨沙羅「キレイの秘密」 画像2
’11年12月。初開催のスキージャンプ女子W杯で5位入賞。当時15歳。少年のような幼さだ
髙梨沙羅「キレイの秘密」 画像3
’16年6月。インタビューに答える髙梨。女性っぽくなったがメイクの技術はまだまだ
PHOTO:共同(2・3枚目)
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold