放牧中『いきものがかり』が 美女2人をお持ち帰り

突然、活動休止した
人気バンドのモテ担当は
〝美女牧場〟を建設中だった
image
まずは2月上旬のある夜。7時半過ぎに愛車で帰宅した山下(左)の後を、OL風の色白美人がついていく
 一段と冷え込んだ2月上旬の夜のこと。都心に建つタワーマンションの地下駐車場に、白いチェロキーが入ってきた。
 運転席のドアが開いて、ダメ―ジジーンズに赤いブーツを合わせたロッカー風の男が登場。助手席からはツヤツヤの髪に切れ長の瞳、パッチリメイクが決まっているOL風のお姉さんが降りてくる。
 車をロックし、マンション入り口へと向かう二人。お姉さんはコートをまるでエプロンのように前後逆に着て、おどけている。なんとも幸せそうだ。
 一方、男は彼女をクールにエスコート。エントランスの明かりに照らされて、顔がチラリと見えた。ベージュのハットから伸びる金髪のエリ足が特徴的なこの男は――人気バンド『いきものがかり』のギタリスト、山下穂尊(ほたか)(34)である。
 NHK朝の連ドラの主題歌『ありがとう』やロンドン五輪のテーマ曲となった『風が吹いている』などヒット曲多数。ベストアルバム『いきものばかり』が100万枚超えを果たすなど、まさに人気絶頂だった『いきものがかり』が突如、活動休止を発表したのは今年1月のこと。
〈ここらで一度、メンバーそれぞれ、自由になってみようと思います。 好きなことをやってみたり、 新しいことをはじめてみたり、ぼーっとゆっくりしてみたり、 行ってみたかったところへ旅に出てみたり。それぞれの未来を、もっと広げるために。3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるために。いきものがかり放牧宣言。(以下略)〉
 牛の被(かぶ)りものをしたメンバー3人の写真と一緒に「放牧宣言」を公式HPにアップ。ファンや音楽業界を仰天させたのは記憶に新しい。
「『いきものがかり』と言えば、ヴォーカル・吉岡聖恵(きよえ)の田舎っぽいルックスの印象が強いですが、山下は都会派のイケメン。『いきものがかり』のモテ担当と言われています。ファッションセンスも抜群で、ハンパなくモテますね」(レコード会社関係者)
 冒頭の場面の2週間後、本誌が山下と再会した時もやはり、彼は美女を従えていた。夜10時過ぎ、愛車のチェロキーで帰宅した山下は一旦、美女とマンションに入った後、すぐに外出。徒歩で近くの有名焼き肉店へ入った。
 3時間ほど最高級のA5黒毛和牛を堪能すると、山下はハンチング帽が似合う、パンツルックのアイドル風美女と寄り添い歩きながら、自宅マンションへと帰っていくのだった。
 って、あれ? 先日、お持ち帰りしたのはOL風のお姉さんだったが――。
 ヴォーカル・吉岡は一般の男性と入籍間近と報じられ、リーダーの水野良樹は第1子が誕生したそうだが、そこはモテ担当の山下。放牧中に〝美女牧場〟を建設中だなんて、エッジが効いているではないか!
 美女牧場を大きく広げてもらって、モテ担当としてパワーアップして帰ってきてくれれば幸いだ。ただし、放漫経営には気をつけてね。
放牧中『いきものがかり』が 美女2人をお持ち帰り 画像1
上写真の続き。慣れた様子でマンションの入り口に来ると、山下がオートロックを開錠。美女は静かについていく
放牧中『いきものがかり』が 美女2人をお持ち帰り 画像2
こちらは2月中旬の山下。先日が綺麗系ならこの日は可愛い系の女性を連れて焼き肉屋へ
放牧中『いきものがかり』が 美女2人をお持ち帰り 画像3
焼き肉ディナーを終え、美女を自宅にお持ち帰りしたころには時計の針は深夜2時をまわっていた
PHOTO:高塚一郎
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集