公選法違反疑惑を問われた今井絵理子センセイの「義理チョコ」

♡マークがカワイイのだが…

公選法違反疑惑を問われた今井絵理子センセイの「義理チョコ」

1月に公開された「資産等報告書」によると今井氏の資産保有額は1億円。参議院の女性議員では1位、総合では3位の金額だという

「チョコですッ。お願いします♡」

 いま永田町で話題の「バレンタインチョコ」がある。

 参院当選同期の今井絵理子氏、自見英子氏、小野田紀美氏、松川るい氏の連名による「義理チョコ」。今井センセイたちが両手で♡のマークを作っている写真の入った特注品だ。ベースはチロルチョコで1セット15個入り、「大変お世話になっております。日頃の感謝をこめて」とちょっと堅めのメッセージが添えられている。

 しかし、4人総出で自民党国会議員の事務所や党職員に配って回ったこのチョコにケチがついた。実は今井氏と自見氏は比例区で当選しているため、公職選挙法199条2の1項の「寄附の禁止」にあたる可能性があるというのだ。

「『寄附の禁止』に該当する恐れがあります。処罰に値するかどうかは議論すべきところになるが、議員でありながら平気でモノを配る感性に疑問を持ちます。悪気はないのかもしれないが、公選法への理解が薄いのかもしれない」(神戸学院大学法学部教授の上脇博之氏)

 当の今井氏の事務所は取材に対し、

「同期会(二八会)の活動の一還としてのものです。個人的なものではございません」

 と答えた。「元国民的アイドルのチョコ」は今年限りになりそうだ。

公選法違反疑惑を問われた今井絵理子センセイの「義理チョコ」 画像1
「DECOチョコ」というサービスでオリジナルプリントのチョコがつくれる

PHOTO:鬼怒川 毅



あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold