シリーズ 「セレブのお宅」拝見!42 マイケル・ベイ(52)『トランスフォーマー』監督の「いまにも変形しそうな豪邸」

シリーズ 「セレブのお宅」拝見!42 マイケル・ベイ(52)『トランスフォーマー』監督の「いまにも変形しそうな豪邸」 画像1
映画の撮影では多くの車を使うベイ監督。自宅の地下には、車が5台は収容できる広い駐車場がある
「変形するロボットが主役の映画『トランスフォーマー』の監督、マイケル・ベイ(52)の自宅はロサンゼルス北部の高級住宅街ベルエアに建っています。彼の自宅は近未来的な建物で、いまにも変形しそうだと評判です」(映画評論家)
 マイケル・ベイ氏はこれまでに『アルマゲドン』『パール・ハーバー』などヒット作を連発している映画監督。映像へのこだわりが強く、特殊な撮影のためにオリジナルの機材を作るほど。そんな彼が、’15年に建てたのが、この邸宅だ。
「彼は、コネチカット州の大学で映画学を学んだ後、ロスのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインにも通っています。まさに彼のデザインへのこだわりが込められた家なんです」(放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏)
 写真上部に見える直方体のスペースがベッドルームで、窓からはロス市街が一望できる。49席ある映写室があり、ワインセラー、トレーニングジム、サウナなど設備は充実している。
 今年8月には、『トランスフォーマー』の新作が公開される予定だが、さらに話題の映画を手がけているという。
「現在、マイケル・ベイ監督は、トランプを思わせる大統領が国を破綻させ、中国に乗っ取られるという映画を製作中なんです」(前出・デーブ氏)
 監督は今後も、この家から個性的な映画を産み出すことだろう。
シリーズ 「セレブのお宅」拝見!42 マイケル・ベイ(52)『トランスフォーマー』監督の「いまにも変形しそうな豪邸」 画像2
PHOTO:X17/アフロ Press Association/アフロ(顔写真)
あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold