スクープ撮!二階堂ふみが「イケメン映像作家と半同棲♡」

本命は星野源でも菅田将暉でもなかった
スクープ撮!二階堂ふみが「イケメン映像作家と半同棲♡」

終始こんな具合に寄り添いながら犬を散歩させていた二階堂(右)と米倉。「交際が始まったのはごく最近」(知人)だからかラブラブである


 三軒茶屋や下北沢といった若者の街でよく遭遇した二階堂ふみ(22)が、その日は閑静な高級住宅街を歩いていた。胸元には、真っ赤なセーターを着せた柴犬が抱きかかえられている。

 だが、本誌が注目したのはその「横」。丸メガネをかけた長身のイケメンが寄り添っていたのである。


 深夜の5時間カフェデートに出かけたり(本誌’16年3月25日号)、路上ゲリラライブを行うためにバンドを組んだりと、とにかく仲のいい菅田将暉(すだまさき)(24)とは明らかに別人。同じマンションに住んでいることで交際をウワサされた星野源(36)でもない。

 じゃあ、この男は――訝(いぶか)る本誌をよそに二人は角を曲がって路地へ入って行った。ピッタリと、くっついたまま。

 2月下旬のある日、古着好きの二階堂が珍しく、ファストファッションの店で買い物をしていた。黒い革ジャンに紫のスカートと、服装もいつもより色っぽい。

 二階堂は肌着類をポンポンとカゴに入れ、サッと会計を済ませると、店の前で待たせていた送迎用のワンボックスカーに乗り込んだ。車は都内屈指の高級住宅地で停車。豪奢なマンション前に二階堂が降り立ち、中へ入って行った。

 翌朝8時過ぎ――再び二階堂の送迎車が件(くだん)のマンション前に停車した。運転手が降りてきてマンション内へ。数分して、旅行用トランクを抱えて戻ってきた。少し遅れて、ジーンズ姿の二階堂が登場。送迎車に乗り込んだ。

 どうやら、二階堂はこのマンションを生活の拠点にしているようだ。星野とのゴシップ記事を嫌って、引っ越したのだろう――なんて考えていた矢先に遭遇したのが、冒頭の場面だった。二階堂とイケメンのデートシーンに戻ろう。

 地面に下ろしてあげると、柴犬は大ハシャギ。二階堂が愛(いと)おしそうに見つめ、つられてイケメンも笑顔になった。時折、顔を見合わせて笑う二人。幸せな光景だ。

 散歩を終え、マンションに戻ると、事務所の送迎車が近くで待っていた。彼女はそのまま車で仕事に向かったのだが、イケメンはなんと、柴犬を連れて件のマンションの中へ入って行ったのである。

 実はここ、このイケメン――一昨年まで人気ファッション誌『メンズノンノ』でモデルを務めていた米倉強太(ごうた)(22)の自宅マンションなのだ。

「米倉はモデルをするかたわら、多摩美術大学で映像を学び、映像制作会社を起業した映像作家です。二階堂は坂口健太郎らメンノンのモデルと親しくしていましたから、その線でつながったのかもしれませんね」(芸能プロスタッフ)

 米倉の家に送迎車が来るということは、事務所公認の半同棲ということだろう。

 二階堂は雑誌のインタビューで自身の恋愛観をこう語っている。

〈心から通じ合う相手と楽しい時間を過ごしたいです。だって、好きな人とはなるべく笑いあっていたいし傷つけたくないし、その人にとってホッとできる場所になりたい〉

 米倉が本命で間違いあるまい。

スクープ撮!二階堂ふみが「イケメン映像作家と半同棲♡」

4月スタートのドラマ『フランケンシュタインの恋』(日テレ系)でヒロインを務めるなど多忙な二階堂だが、時間が許す限り彼の家へ


スクープ撮!二階堂ふみが「イケメン映像作家と半同棲♡」


こちらは別の日の朝、大量の荷物を抱えて米倉のマンションから仕事へ向かう二階堂

PHOTO:島 颯太







あなたにオススメ

FRIDAY GOLD

10月18日発売
friday gold