エマ・ワトソン「ノーブラ」で大炎上!

新フェミニズムのリーダーがトップレスで訴えたのは「女性の解放」か
エマ・ワトソン「ノーブラ」で大炎上! 画像1
ディズニー実写版『美女と野獣』の公開が控えている彼女。この論争は結果的に宣伝に一役買ったのかも
ヴァニティフェア誌インスタグラムより
『ハリー・ポッター』シリーズで大ブレイクを果たした女優、エマ・ワトソン(26)。彼女は"ジェンダーの平等"を目的とした国連ウィメンの親善大使に選ばれるなど、フェミニストとしても活動してきた。
 そんな彼女が米国版ヴァニティフェア誌で披露したノーブラ姿が、フェミニズムの精神や彼女のこれまでの言動に反しているのではないかと大論争を引き起こしている。
 この騒動について米ゴシップ誌ライターはこう解説する。
「フェミニズムをどう解釈するかです。今回の写真も"女性の解放"か"性を商品にしている"かが論点です」
 とんだ火種を手渡された格好のエマだが、ロイターの取材にこう答えるのだ。
「フェミニズムとは女性に選択肢を与えるもの。他の女性を叩く杖ではないわ。自由であり解放であり、平等であるものよ。私の胸がなぜそれと関係があるのか、本当にわからないわ」
 ハリー・ポッターのハーマイオニーなら魔法を使って解決したいところだろう。
あなたにオススメ

FRIDAYダイナマイト

5月2日発売
fridayダイナマイト

FRIDAY写真集

電子写真集